ニュース
» 2017年07月05日 18時00分 UPDATE

天の川をみたことがある小学生は9%との調査結果 親世代でも3割未満

都市部で星空が見にくくなったのも影響。

[ねとらぼ]

 セガトイズが七夕シーズンを前に、全国の3〜12歳の子どもをもつ親600人に対して、「天の川」に関する実態調査を実施。3歳〜12歳の子どもの7割が「天の川」は知っているが、実際に天の川を見たことがあると答えたのが9%だったことが分かった。

 親世代でも天の川を見たことがある人は3割未満で、7割以上の大人は昔に比べて星空が見にくくなったと回答している。

天の川

 銀河系の端にある地球から中心方向を見ると、まるで川のようにたくさんの星が見えることから「天の川」と呼ばれ、天の川の両岸に引き離されてしまった織り姫と彦星が年に一度7月7日の夜に会えるという七夕伝説の舞台ともなっている。

 セガトイズでは天候や気候に左右されることなく、リアルな星空空間が自宅に広がる家庭専用プラネタリウム「HOMESTAR Classic(ホームスタークラシック)」 での天の川体験をオススメしている。

天の川 メトロン星人など10の怪獣・宇宙人たちと彼らの円盤が家庭用プラネタリウムで楽しめる「HOMESTAR Classic Ultraman」(税別1万5000円)
(C)TSUBURAYA PROD.(C)TSUBURAYA PROD.

天の川 「スター・ウォーズ」の「BB-8」と「R2-D2」が映し出すブルーマップの結合を「ホームスター」が再現する「HOMESTAR BB-8」「HOMESTAR R2-D2」(各税別6980円/7月25日発売)
(C)&TM Lucasfilm ltd. (C)&TM Lucasfilm ltd.

天の川 時空を超えた“カタワレ時”の感動に再び出会える「HOMESTAR 君の名は。」も(7月25日発売予定)
(C)2016「君の名は。」製作委員会(C)2016「君の名は。」製作委員会

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう