ニュース
» 2017年07月06日 18時46分 UPDATE

ヒアリが東京都内で初めて確認される 大井ふ頭のコンテナ内

体長2ミリから6ミリほどで、外見は赤っぽくテカテカしている。【訂正】

[ねとらぼ]

 特定外来生物のヒアリが東京都内で初めて発見された。場所は大井ふ頭のコンテナ内で、住宅地などでは確認されていない。ヒアリはこれまでにも神戸港(関連記事)、名古屋港(関連記事)、大阪南港(関連記事)で確認されていた。


大井ふ頭 外来種 ヒアリ 東京都環境局より

 南アメリカが原産地のヒアリは、体長2ミリから6ミリほどで、外見は赤っぽくテカテカしている。強い毒を持っており、極めて攻撃的。人間はもとより、生態系、家畜への影響も懸念されている。

【訂正:2016年7月19日10時 当初、環境省が掲載した情報を元に「米国で多くの死者が出ている」と表記していました。当該資料で引用した「年間100人がヒアリで死亡」の根拠となるデータが確認できなかったことが明らかになったこともあり、記事中の当該箇所を訂正いたしました。なお、7月18日の山本公一環境相の会見で言及されたもので、既に環境省の該当ページからも「年間100人がヒアリで死亡」という表記は削除されています。】

 東京都環境局は「野外作業時は肌を露出しない」「ベビーパウダーを靴やズボンにふりかける」「サンダルを外に置きっぱなしにしない」といった被害の予防策をとるよう呼びかけている。


大井ふ頭 外来種 ヒアリ 生息場所の点検、発生の予防(東京都環境局より)

大井ふ頭 外来種 ヒアリ (東京都環境局より)

関連キーワード

東京 | ヒアリ | アメリカ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう