ニュース
» 2017年07月07日 14時00分 UPDATE

こんなのずるいよぉ! 本物にしか見えない“地面に落ちた1000円札のトリックアート”が引っ掛からざるを得ない

拾おうとせずにはいられない。

[コンタケ,ねとらぼ]

 高尾山トリックアート美術館(東京八王子)に展示されている、ある作品がとても“凶悪”であると多くの人の心をつかんでいます。Twitterユーザーの星眉さん(@mayuge_hoshi)さんがその作品の写真を投稿しているのですが、そこには床に1枚の1000円札が落ちているだけ。んんん……?




高尾山トリックアート美術館 1000円札 ただの1000円札に見えますが……? (画像提供:星眉さん)

 実はこの1000円札そのものがトリックアートで、床に描かれた絵なのです。大変リアルに描かれており、とても絵とは思えません。これはすごい。絶対拾おうとしちゃう。

 星眉さんも「今日一私が興奮してもてあそばれた凶悪なやつ」と語っており、してやられたようです。リプライ欄でも、「自分も引っ掛かった」という声が多数あがっていました。また、「1万円札だと見破られそうだけど1000円札だから気付きにくいのでは」といった意見も。

 視覚だけでなく、人の心理を突くのもトリックアートということなのかもしれません。実に見事な作品でした。



関連キーワード

芸術 | トリックアート | 美術館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう