ニュース
» 2017年07月09日 11時00分 UPDATE

これは「ZOZO立ち」!? ZOZOTOWNのスタッフモデルがみんな「斜め下」を向いている理由

「ZOZOTOWN」の商品を試着し、写真で雰囲気を伝えてくれる「スタッフモデル」。なぜだかみんな、斜め下か横を向いて写真に収まっています。なぜなのでしょうか?

[岡田有花,ねとらぼ]

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」は、日本最大級の通販サイトの1つです。利用したことがある方も多いかもしれません。

 ZOZOTOWNに載っている「スタッフモデル」の写真を見たことはありますか? 洋服メーカーが用意した公式の写真とは別に、ZOZOTOWNのスタッフがモデルとしてその服を着用し、雰囲気を写真で伝えてくれるのです。コーディネート例や着心地も分かり、購入の際に参考にできる仕組みです。

 このスタッフモデル(「着用レビューモデル」とも呼びます)ですが、なぜだかみんな、斜め下か横を向いています。特に女性にその傾向が強く、ほとんどが斜め下か横向きです。なぜ……?

画像 この服、メーカーが用意したモデルはばっちり正面を向いていますが
画像 スタッフモデルはみんな、横向きか斜め下
画像 モデルごとに見てみましょう。このモデルさんは全部斜め下ポーズです
画像 こちらのモデルさんもやはり斜め下ポーズ
画像 ブランド別でみても、例えば人気ブランド「AZUL by moussy」のコーデモデルだとこんな感じです

 スタッフモデルはなぜみんな、斜め下か横を向いているのでしょうか。この角度、ZOZOTOWNが推奨する「ZOZO立ち」……だったりするのでしょうか? ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイに聞いてみました。

――なぜ、ZOZOTOWNのスタッフモデルはみんな斜め下や横を向いているのでしょうか?

 モデルの顔の向きについて、かたいルールなどは特に設けていませんが、斜め下や横を向く一番の理由は、顔の表情ではなくコーディネート(服)を見てもらうためです。主役はあくまでも洋服やコーディネートで、顔ではない、という意味合いです。

 また、正面より斜め下を向いたほうが、鼻筋・顎ラインがすっきりキレイに見えることや、襟元に特徴があったり、アクセサリー着用の場合は、横向きのほうが見えやすくなること、表情を気にせず撮影することによる、撮影時間・枚数の短縮化――があります。

――一度「服がよく映え、顔がスッキリ見える決めポーズ」が決まれば、同じポーズで撮影することによって撮影時間や枚数を削減できるので、同じモデルは同じ角度で撮られがち、という認識で良いでしょうか?

 その認識で間違いありません。スタッフモデルは枚数を撮るにつれて自分の雰囲気の出る角度やポージングを習得していきます。そのため、1着当たりの撮影枚数・時間が短縮でき、多くのコーディネートが撮影できるというわけです。

 また、過度なポージングを控えることで、一覧で見ていただいたときにごちゃごちゃせず、まとまりのあるシンプルなコーディネート一覧になるので見やすくなるという効果もあります。

画像 同じポーズだからこそ、服の違いだけに目線が集中します

――モデルの方々は、一度の撮影で何コーデぐらい、何カットぐらい撮るものなのでしょうか。また、撮影時間はどれぐらいでしょうか?

 1日の撮影枚数やカット数は回答を控えさせていただきます。撮影時間は、モデル採用ページに記載がある勤務時間(午前9時〜午後6時)でイメージいただけますと幸いです。

――男性は正面向きのモデルも多いようですが、男女でルールの違いはありますか?

 レディースはコーディネートなど全体の雰囲気を重視しているので、斜め向きなどコーデの雰囲気が伝わりやすいポージングになっていますが、メンズはどちらかというと、全体的な雰囲気よりアイテムのディテールにこだわる傾向があるため、正面を向くようなシンプルなポージングを心がけることによって、アイテム自体をしっかり伝えることを大切にしています。

画像 男性はすべて正面向きのモデルもいれば
画像 斜め下を向いているモデルも
画像 毎回異なるポーズで撮っているモデルさんもいます

――以前、ZOZOTOWNにあるショップ「WEGO」にいるモデルが“やたらと下を向いている”として注目されたことがありました。その理由は「カメラ目線に慣れてない」だったそうです。(関連記事:ZOZOTOWNに出店中の「WEGO」モデルがめっちゃ下向く理由が判明 「カメラ目線に慣れてないだけです」)。ZOZOTOWNのスタッフモデルが下を向くのも、そういった理由がありますか?

 そういったことはありません。レビューモデルは、「ZOZOTOWNで販売されている商品を着用し、WEARにレビューを投稿する」ことが毎日の仕事で、プロ意識を持って、日々の業務に取り組んでおります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー