コラム
» 2017年07月10日 11時00分 UPDATE

YouTuberの生活ってどんな感じなの? 小学生と父、親子で投稿を続ける「まえちゃんねる」に聞いてみた (1/4)

YouTuberを見る側の親子が、作る側の親子に疑問をぶつけてみました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 近年、テレビタレントにも負けないような人気を集めているYouTuber。小学生や中学生の「将来なりたい職業ランキング」にランクインするなど、子どもたちの間ではすっかりおなじみの存在となっていますが、その実態についてはまだイメージがつかめていないという方も多いのでは?

 そこで今回は、親子で一緒に動画を投稿する人気YouTuber「まえちゃんねる」さんと、普段からよくYouTuberチャンネルを見ているという視聴者代表のお父さんとその娘さんをお招きして、“ダブル親子対談”をしてもらいました。


YouTuber「まえちゃんねる」親子対談 対談してくれた「まえちゃんねる」親子(左)と三ツ谷親子(右)

“撮る”側と“見る”側、親子×親子対談

 ご協力いただいた「まえちゃんねる」さんは、前原さんとその息子えいしん君(小学3年生)による親子YouTuber。おもちゃやゲームなどの紹介動画で人気を集めており、チャンネル登録数は13万超。1本あたり5万回以上再生されている動画も珍しくありません。

 対して、視聴者側の親子として参加するのは、アイティメディア社員でガジェットが大好きな三ツ谷と、3兄妹の真ん中で、普段からYouTuberの動画を楽しんでいるというすずちゃん(小学1年生)。


――本日はお集まりいただきありがとうございます。今回はスケッチブックと色鉛筆を使って、みなさんにお互いへの質問や絵を描いていただきながら進めていきたいと思います。



前原父

 はい!



三ツ谷父

 分かりました!



――では、色鉛筆はここに置いておきますね。



三ツ谷父

 ……ん? なんだろうこの「フリクションいろえんぴつ」って。



前原父

 フリクションって、こすって消せるボールペンのアレですよね。えいしん、ちょっと使ってみてよ。



YouTuber「まえちゃんねる」親子対談 パイロット「フリクション」シリーズは、摩擦熱でインクが見えなくなるボールペンで有名ですが、実は同様の機能を持つ色鉛筆もあります。編集部がなんとなく購入してきたものだったため、そんな変わり種のアイテムだったとは想定外でした


三ツ谷父

 うわ、本当だ、消える! ボールペンと違ってインクは使ってないのに、ラバーでこすると消える!



前原父

 パッと消えますね、これ。消しゴムと違って、カスも出ないし。



えいしん

 すごい! これ、どうなってるの……?



前原父

 こすると紙が熱くなるでしょ。それで消える色鉛筆なんだよ。お湯とかでも消えるのかな?



すず

 じゃあ、お風呂場に持っていくと、どうなるの?



三ツ谷父

 まず水気で紙がダメになっちゃいそうだけど。でも、色鉛筆自体は大丈夫なのかな。



前原父

 色は熱でなくなるわけですからね。……もしかして、芯が透明色になる?



 ……のっけから色鉛筆トークが止まらない皆さん。どちらのパパもガジェット好きで、どちらのお子さんもお絵描きが大好きということで、本題に入る前に予想外の盛り上がりです。

 「説明書によると、マイナス10度で色が戻ることがあるらしい」「冷凍庫でお絵描きが復活するかも」「『名探偵コナン』のトリックに使えそう」「このアイテム、動画にしようかな」初対面だった親子2組の心の壁だけでなく、対談の段取りまで吹っ飛んでしまいました


YouTuber「まえちゃんねる」親子対談 色鉛筆にドハマりする親子たち


三ツ谷父

 いきなり盛り上がっちゃいましたが、ぼちぼち対談に入りますか(笑)。僕からの最初の質問なんですが、親子YouTuberとして活動を始めたきっかけって何ですか?



前原父

 最初に投稿したのは、親戚に見せるためのホームビデオでした。この子(2010年/当時1歳)が、プラレールで遊んでいるところをiPhoneで撮影して、YouTubeにアップしたんです。DVDに焼いて送るより、メールでURLを送信するほうが楽だな、って。そしたら、その動画の再生数がたまたま伸びて、YouTubeって面白いんだなーと思うようになったのがきっかけです。



三ツ谷父

 へー、普通のホームビデオが注目を集めることなんてあるんですか。僕も撮ることはあるんですが、保存したら終わりという感じ。そこから公開まで進むと、別の世界が広がっているのかあ。



前原父

 当時はプラレールの動画がまだ少なかったので、ニーズがあったんだと思います。その後、しばらく投稿を中断していたんですが、ジェットダイスケさんのお話を伺う機会があって。それで意識が変わり、2012年ごろから本格的に活動開始しました。「本格的」といっても、昼は仕事があったので週に1〜2本くらいの投稿ペースでした。

※ジェットダイスケさんは、デジタルガジェットのレビュー動画などで知られる人気YouTuber。ネット動画配信に関しては15年以上の経験を持つベテランで、現在はまえちゃんねるさんの所属プロダクション・UUUMの顧問を務めています。


三ツ谷父

 仕事とYouTuberの両立って、どういう生活なんですか?



前原父

 僕の場合は19時ごろに帰宅して、20時から撮影。えいしんが寝たら、編集作業を始めて……という感じです。翌日も仕事があって、それほど時間が割けなかったので、テロップは入れずにカット編集、BGM追加を中心に、30分〜1時間くらいで終わらせていました。



三ツ谷父

 お仕事は映像関係だったんですか? 動画編集ってけっこう大変でしょう?



前原父

 いや、業界はまったく関係ないですよ。動画編集ソフトの使い方は、実際にやっていくなかで覚えていきました。





三ツ谷父

 経験がない状況からのスタートだったんですね。……ということは、やる気になれば僕もできるのかなあ。



――三ツ谷さんはガジェット好きだから、商品レビューにも向いているかもしれないですね。



三ツ谷父

 でしょ? 今日だって、色鉛筆だけで大興奮してるし(笑)。



前原父

 「こういうアイテムの面白さを伝えたい」という気持ちがあれば、ガジェット紹介動画は始められると思いますよ。



三ツ谷父

 お! それじゃあ、すずちゃん。パパと一緒にYouTuberやってみる?



すず

 やんない(即答)。



YouTuber「まえちゃんねる」親子対談 新たな親子YouTuber、誕生ならず

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!