ニュース
» 2017年07月10日 10時10分 UPDATE

吉高由里子、5年ぶり主演映画に「ずっと金太郎でした」「全然親近感がわかない」

9月公開の映画「ユリゴコロ」がクランクアップ。

[藍乃ゆめ,ねとらぼ]

 女優の吉高由里子さん5年ぶりの主演映画となる「ユリゴコロ」のキックオフ会見が7月9日に行われ、9月23日公開に向けた抱負などをキャストが語りました。

主演・吉高由里子さん、松山ケンイチさん、松坂桃李さん、佐津川愛美さん、清野菜名さん、木村多江さん、熊澤尚人監督の「ユリゴコロ」主要キャスト・監督が勢ぞろい 「ユリゴコロ」主要キャスト・監督が初めて勢ぞろい

 沼田まほかるさんの同名小説を実写化した同作は、ある一家で見つかった一冊のノートにつづられた殺人者の半生と思いを軸に、過去と現代が交錯しながら人生を翻弄される2人の男性を描いたミステリー。吉高さんは、生まれながらに“人間の死”を心のよりどころとする悲しき殺人者・美紗子を演じています。


 この日は、吉高さんをはじめ、熊澤尚人監督、過去パートに出演した松山ケンイチさん、清野菜名さん、現代パートに出演した松坂桃李さん、佐津川愛美さん、木村多江さんが登壇。2016年秋に撮影を終えた過去パートに対し、現代パートはこの会見の前日、7月8日にクランクアップを迎えたばかりで、吉高さんは「今こうやって皆さんと並んでいますが、(現代パートの俳優陣に)全然親近感がわきません。別の現場の方たちかな? と思うくらい」と異色な撮影スタイルを苦笑しながら説明しました。

吉高由里子松山ケンイチ スッポンポン発言

「クセが強い」と評された吉高さんは報道陣に「ポジティブに書いて」と呼び掛ける場面も 「クセが強い」と評された吉高さんは報道陣に「ポジティブに書いて」と呼び掛ける場面も

 吉高さんの印象について松山さんは「10年以上前からクセの強い女の子だなと思っていた。そういう人が本当に大好きなので、今回ちゃんと共演できてうれしかった」と話すも、2人のシーンはストーリーに深く関わることもあり、「何も言えないね」「ダメだね……」と互いに言葉少なめ。ただ、「変わったシーンが多かった。ミステリーなのに、ギャグかな? ってシーンもあって。2人ともずっとスッポンポンで」「ずっと金太郎でしたね」などと笑い合う場面もありました。

過去パートの2人をじっと見つめる現代パートの松坂桃李さん 過去パートの2人をじっと見つめる現代パートの松坂さん

 一方、現代パートの中心を担う松坂さんは、あえて過去パートのダイジェスト映像を見ないで撮影に臨んだとのこと。ネタバレにならないようとするあまり、「あれがああなって、これがこうなってこうみたいな」と漠然とした説明をしていたのが印象的です。

ネタバレにならないよう悩みながら話す松坂桃李さん ネタバレにならないよう悩みながら話す松坂さん

漠然とした説明で自分たちも笑ってしまう現代パートキャストたち 現代パートのキャストも仲むつまじげ

 「まるで嵐がやってくるような撮影現場」(松坂)、「心の中で『いつか終わる、いつか終わる』と唱えていました」(木村)など、撮影がハードだったことをキャストが打ち明けると、熊澤監督も「過去と現代の撮影を同時に進めていたら、きっとここまで来ることはできなかった。そのくらい内容が濃く、俳優陣の体力も知力も全て奪うような過酷な撮影の日々でした」と振り返り、クランクアップを迎えたことを喜びました。

「近キョリ恋愛」「心が叫びたがってるんだ。」などを手掛けた熊澤尚人監督 「近キョリ恋愛」「心が叫びたがってるんだ。」などを手掛ける熊澤尚人監督

 とはいえ、公開の9月まではあと2カ月。吉高さんは「昨日撮り終わって本当に2カ月後に公開できるのかなって。大丈夫? 何か手伝うことある……? という気持ち」と笑いを交えながらも「仕上がりがとても楽しみ」と目を輝かせていました。

「ユリゴコロ」ティーザービジュアル 「ユリゴコロ」ティーザービジュアル (C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

藍乃ゆめ


関連キーワード

吉高由里子 | 松山ケンイチ | 映画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう