ニュース
» 2017年07月10日 13時30分 UPDATE

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産登録記念、TBS「世界遺産」で日本の全世界遺産を紹介するスペシャル版放送

21カ所となった日本の世界遺産を全て見せます。

[ねとらぼ]

 日本の世界遺産「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の新規登録を記念して、7月23日18時より21カ所になった日本の世界遺産全てを紹介するスペシャル版が放送される。

 今回登録が決定した「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成するのは、玄界灘の洋上に浮かぶ沖の島や宗像大社など。4世紀後半から9世紀末に至る祭祀遺跡があり、特に沖の島では8万点に及ぶ神への奉献品が発見され、全て国宝に指定されており、「海の正倉院」とも呼ばれている(関連記事)。

世界遺産 「海の正倉院」とも呼ばれる沖ノ島。今回ので文化遺産が17件、自然遺産が4件となった

 今回の番組では、海との関わりが特に強い「知床」「石見銀山」「古都奈良の文化財」を新たに取材し、貴重な映像とともに紹介していく。

 2005年に登録された「知床(自然遺産)」では、知床連山最高峰の羅臼岳の登頂にチャレンジ。ガイドとともに、生命のゆりかごである「海」と原始の「森」をつなぐ「川」をさかのぼりながら、知床の生態系を解き明かす。また、2007年に登録された「石見銀山(文化遺産)」は、7月から人数限定で一般公開された石見銀山で最大の坑道に潜入する。そして1998年に日本で9件目の世界遺産として登録された古都奈良の文化財(文化遺産)では、渡を渡って日本に伝わったある「モノ」を追う。興福寺ではインドの戦神だった阿修羅が、なぜ穏やかな表情となったのかという謎に迫る。

世界遺産 「知床」では日本百名山の1つ、羅臼岳に登る

世界遺産 「石見銀山」の中でも最大の坑道「大久保間歩」のさらに先に存在するという「福石場」に、世界ではじめて撮影隊のカメラが入る

世界遺産 「奈良の文化財」では1200年以上前に中国から伝わったとされる興福寺の三宝の1つ、「金光明最勝王経」に書かれている華原磬を紹介。その音を聴くと苦を離れ解脱を得ることができるという

関連キーワード

世界遺産 | 文化財 | TBS(東京放送)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう