ニュース
» 2017年07月10日 17時55分 UPDATE

TBS「マツコの知らない世界」で資料紛失 提供者「日本の貴重な文化的資料が失われた」

既に和解はしているものの、資料は戻らず、公式サイトで情報提供を呼びかけています。

[ねとらぼ]

 TBS「マツコの知らない世界」で、出演者から借りていた資料を紛失してしまったとして、公式サイトで情報提供を呼びかけています



 行方が分からなくなったのは、2016年10月18日放送「号外の世界」で使われた資料の一部。番組にも出演していた、号外研究科の小林宗之氏から預かっていたものを、番組側の不注意で紛失してしまったとのことです。小林氏本人もTwitterおよびサイトで情報を募っており、ツイートは1万3000回以上リツイートされるなど大きな話題となっています。



 小林氏によると、今回紛失された資料は明治〜昭和10年代までに発行された号外資料8点。太平洋戦争の開戦や、真珠湾攻撃の成功を伝えたものなど、いずれも今となっては貴重なものばかりでした。なお、TBS側とは既に和解しているものの、当初より、返還されない場合は公表することで合意していたため、今回の公表に至ったそうです。



 小林氏は編集部の取材に対し、「日本の貴重な文化的資料が失われたと思っております」とコメント。またTBS広報にも問い合わせてみましたが「番組ホームページに掲載されているものが全てです」とのことでした。


関連キーワード

紛失 | TBS(東京放送) | Twitter | 和解


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう