連載
» 2017年07月12日 12時00分 UPDATE

漫画「ルーツレポ」:自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

感想「すごいね、人類」

[ルーツ,ねとらぼ]
ルーツレポ首都圏外郭放水路

 漫画家ルーツ(おっさん)がふらりとどこかへ行き、自分のことをツインテールのかわいい女の子だと思い込んで漫画にする連載「ルーツレポ」。初回は「首都圏外郭放水路」に行ってきました。

ルーツ プロフィール

北海道出身の漫画家・漫画原作者。代表作に『てーきゅう』(原作)、『ルーツビア』など。ニコニコ静画で自分の日常を4コマ(実質3コマ)漫画にした『自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする。』更新中。中身はビール好きのおっさんです。



ルーツレポ首都圏外郭放水路

ルーツレポ首都圏外郭放水路

ルーツレポ首都圏外郭放水路

ルーツレポ首都圏外郭放水路

ルーツレポ首都圏外郭放水路

編集雑記

 首都圏外郭放水路は、埼玉県春日部市にある世界最大級の地下放水路。併設された施設「龍Q館」では無料の見学会が開催されており(要予約)、ルーツも今回そちらに参加してきました。

 約100段の階段を降りた先にあるのは、「地下神殿」というRPGチックな異名を誇る巨大な調圧水槽。まさに「デカァァァァァいッ説明不要!!」な迫力と荘厳さに、思わずルーツも「まあまあおもしろかった」と感動しています。……してるよね?

 見学会の開催状況や申し込み方法は公式サイトで確認可能。ちなみに、最後にルーツが食べたネパール人がやってるインドカレー屋も「まあまあおいしかった」そうです。

関連キーワード

漫画 | かわいい | 見学 | てーきゅう | 漫画家 | カレー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!