ニュース
» 2017年07月12日 10時00分 UPDATE

「子供の科学」の付録が自由研究によさげ つくった装置をプログラミングで動かす工作

夏休みが捗る。

[ねとらぼ]

 誠文堂新光社が7月10日に発売した月刊誌「子供の科学」8月号の別冊付録「電子工作×プログラミング自由研究BOOK」が楽しそう。

子供の科学

 同社が4月から販売している、子ども向け小型PCキット「ジブン専用パソコン」と組み合わせることで、さまざまな電子工作やプログラミングが楽しめるというもの。付録でついてきた電子工作をつなげることで、LEDの光り方やセンサーの感度をプログラミングで制御する6つの実験と2つの応用工作が体験できる。「ジブン専用パソコン」は子どもにPCやインターネット、プログラミングを経験させたいが、自宅のPCを使わせたくないという家庭のニーズにもはまり人気なんだとか。

 「子供の科学」は創刊93年目を迎える科学雑誌。ゲームやロボットづくりなどを過去紹介している。価格は695円(税別)。

子供の科学 ジブン専用パソコン」は、ワープロや表計算、ネット接続など普通のPCの機能はもちろん、Scratchやマインクラフトなどのプログラミングツールも搭載している(こちらは付録には含まれない)

子供の科学 付録で紹介している「温度センサー」。室温が約25℃になると注意喚起、約30℃になると警報ランプとともにファンを回して風を送るという装置

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー