コラム
» 2017年07月13日 11時00分 UPDATE

「美容師」と「理容師」は何が違う? ダブルで資格を取るには?

法律で厳密に決められていた。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 生きているだけで髪は伸びるもので、筆者も先日床屋に行ってまいりました。

 髪を切ってもらって、鏡を確認。やっぱり腕のいいお店だ……。と、ここで疑問が生まれます。

 床屋さんって、美容師だっけ、理容師だっけ?

 美容師と理容師って、何が違うんでしょう。設備? 人材? 雰囲気? それ以前に、どっちがどっちだ。そもそも違うのか?

 気になった私は、ちゃんと真相を調べることにしました。

「美容師」と「理容師」との違い

 美容師と理容師の違いは、法律によって厳密に決められています

 「美容師法」と「理容師法」というそのままな名前の法律が、それぞれ美容師と理容師が何たるかを定めています。

 それでは、定義を探るため、それぞれの法律の内容を見てみましょう。まず美容師法。

「美容」とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう。(美容師法第二条1項より)

美しくするから「美容」。「容姿を『美』しくすること」が仕事です。パーマ屋さんはこっちですね。

 次に理容師法。

「理容」とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう。(理容師法第一条の二より)

 整えることは「理容」。「整理の『理』」ですね。床屋さんはこっちです。

 それぞれこのように定められており、法律的には全くの別物。共通点も多い職業ですが、厳密な区別がなされています。

 ちなみに、それぞれの法律には「美容師でないと美容を職業にしちゃダメ」「理容師でないと理容を職業にしちゃダメ」という文意の条文があります。

 つまり、基本的に美容師が顔をそったり、理容師がパーマをかけたりすることは、厳密には法律違反なのです。

でもそれって不便すぎない?

 顔のそれない美容師に、パーマのかけられない理容師。これでは余りに不便。お客さんも満足しません。

 そういうわけで厚生労働省は2016年、美容師が理容師免許を、理容師が美容師免許をそれぞれ取得しやすくなるよう、資格の取得基準を改める決定を出しました。ダブル資格者を増やそう、ということです。

 美容師・理容師学校は通学の場合、それぞれ2年過程。つまり、今までは両方取得のために合計4年かかりました。

 今回の緩和により、もう片方の資格取得が1年で済むようになるとのこと。つまり、最初の資格2年+もう片方1年の合計3年で美容師・理容師両方の資格が取得できるようになります。

 この制度、早ければ2018年度に運用が始まるそうです。美容師・理容師両方の資格を持つ人材が増え、これまで以上に上質なサービスを受けられるようになるでしょう。

美容師・理容師両方の資格を取るには

 実は、今までも4年かけずに美容師・理容師両方の資格を取得することは可能でした。どんなカラクリなのでしょう?

 これまでの制度で必要なのは「合計4年」。つまり、美容師過程と理容師過程の期間を重ねれば、4年をかけずに両方の資格を取得することが可能なのです。具体的な方法は、同じ専門学校の昼間過程と通信過程への「ダブルスクール」。実際にこのような仕組みを取り入れている専門学校は、少数ながら存在します。

 今回はそのような学校の1つである、鹿児島県理容美容専門学校(RIBI)に電話取材を行いました。

――今回の規制緩和をどのように捉えていますか。現行制度に有利な貴校の運営に影響は?

RIBI:「制度の緩和は、学校の運営には問題ないと考えています」

 既に短期間での両資格取得の仕組みを整えているRIBI。「正直たまったもんじゃないのでは」と思っていた筆者には意外でした。そして――。

RIBI:「逆に両方の資格を取りやすくなることによって、それらの職業を目指す生徒たちのプラスになれば、それが一番です」


 容姿をつかさどる美容師や理容師は、責任感が必要な職業。誇りある仕事として、より高みを目指すために両方の資格を取るのです。そんな生徒を応援することが、学校の一番の願いとのことでした。

 美容師と理容師は、法律的には全くの別物ですが、互いに近づきつつあります。そんな両者を兼ねる、誇り高き人材が今後増えることでしょう。期待がふくらみます。

制作協力

QuizKnock


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー