ニュース
» 2017年07月14日 14時07分 UPDATE

『シティーハンター』がフランスで2019年実写映画化! 金髪冴羽獠に「ノン」の声も

フランスの冴羽獠はニッキー・ラルソン。

[城川まちね,ねとらぼ]

 「世界の果てまでヒャッハー!」の監督・主演などで知られる仏俳優のフィリップ・ラショーは7月13日(現地時間)、北条司さん原作の漫画『シティーハンター』が実写映画化されることを自身のInstagramで明かしました。

「シティーハンター」フランスで実写映画化 台本の表紙とともに発表(画像はフィリップ・ラショーのInstagramから)
「シティーハンター」を実写映画化すると発表したフィリップ・ラショー フィリップ・ラショー、金髪である(画像はフィリップ・ラショーのInstagramから)

 ラショーは「僕の次回作を発表できてとても誇らしい気持ち」「子どものころの夢が叶った」と喜びのコメントを添え、同作脚本の表紙画像を投稿。アニメを見て育った世代もそうでない世代も失望させることのないよう全力を尽くすと意気込み、2018年の撮影開始を報告しています。


 フランスの映画情報サイト「AlloCine」は、ラショー自身が冴羽獠役を務めることを極秘に明かしたと報じており、そのため黒髪と黒い目に変え、身体も鍛えて挑むつもりであるとのこと。作品の舞台は日本国外になるようです。

 ラショーと過去に共演した仏俳優のジュリアン・アルッティもSNS上で同作に出演することを発表したほか、仏俳優タレック・ブダリもラショーのツイートをリツイートし、出演する見込みであると報じられています。



 フランスでは、日本のアニメを同国に広めるきっかけの1つになった番組「Club Dorothee」で同作を1990年から放送。冴羽獠はニッキー・ラルソン(Nicky Larson)という名前で、タイトルにもなっていることから、同作はニッキー・ラルソンという名で知られています。なお、パートナーの槇村香はローラ(Laura)、海坊主はマンモス(Mammouth)でした。


 フランスでは特に「Club Dorothee」を楽しんだ世代に熱狂的なファンの多い同作。SNS上では「うれしい! 本当にファンなんだ!」と喜ぶ声が上がる一方、「シティーハンターには触らないで!」「ニッキー・ラルソンは黒髪でしょ! あなたは金髪だし」などと抵抗を感じる人も多いよう。細身のラショーは冴羽獠にそぐわないという意見や、1993年の香港実写映画版を例に出し「ジャッキー・チェンよりもいいものができるのか?」などという声もあがっています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう