ニュース
» 2017年07月14日 18時04分 UPDATE

「あ、結婚しよ」と思った瞬間の漫画に共感の声が続出 「無意識に相手を優先してる」「大人になったらできるように」

自然と相手のことを考えられる関係だと、ずっと一緒にいられるのかも。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 結婚しようと決めた瞬間を描いた漫画が「分かるなぁ」「私もそんな感じ」と共感を集めています。


結婚を決めた瞬間の漫画 パートナーはレッサーパンダとして描かれているよう


結婚を決めた瞬間の漫画 おいしそうにできた料理を、パートナーのお皿に

 料理中に、ふと「あ、結婚しよ」と思った体験を6コマの漫画にしたもの。「おいしいもの食べたい欲に忠実」な性格だという投稿者は、無意識に料理のおいしそうな部分をパートナーの皿に入れていたことがあり、そこから結婚後も好きでいられるだろうと思ったとのこと。通常なら自分を優先してしまいそうな場面なのに、気が付いたら相手を喜ばせようと思っていたそうです。

 Twitter上では、「去年結婚しましたが、まさにそんな感じ」「自分は、きれいにできたオムライスを旦那さん用にしている」といった反応が。恋人関係から家族関係にシフトするとき、自然と相手に配慮できること、それが自分にとってうれしいことが重要になると捉えている人が多いようです。

 投稿者が、この漫画が反響を集めたことをパートナーに伝えたところ、「自分のことのように喜んで、ずっとニコニコしていました」とのこと。夫婦の仲の良さは、食事、会話のような日常的な場面に現れるものなのかもしれません。

画像提供:eliza(@eliza_yuki2017)さん

マッハ・キショ松

関連キーワード

結婚 | 漫画 | 料理 | 恋人 | 夫婦 | 家族


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう