ニュース
» 2017年07月14日 20時54分 UPDATE

子ヒョウに乳を与える雌ライオン タンザニアの保護区で生まれた世にも珍しい母子関係

子ヒョウの成長につれて関係は続かなくなるだろうと、専門家は悲観的。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 雌ライオンがヒョウの子に乳を与える珍しい様子が、タンザニアの保護区で撮影されました。撮影した保護団体・Pantheraが、Facebookで公開しています。


授乳 異種間の看護は、大型のネコ科ではごく珍しいことだそうです(Panthera公式Facebookより)

 ライオンは保護区で「Nosikitok」と名付けられた5歳の個体。6月に自分の子を生んだことが確認されていましたが、どのようないきさつで子ヒョウを世話することになったのか、子ヒョウの本来の親はどこにいるのかといった事情は分からないとのことです。


子ヒョウ 子ヒョウがどこから来たのかは不明(Panthera公式Facebookより)

 同団体責任者のルーク博士は公式ブログで、ライオンとヒョウは育児期間が似ているため、出産後だったNosikitokの母性本能が子ヒョウに注がれたと考察。彼女が自身の子を失い、発見した子ヒョウを代わりに育てるようになった可能性もあるとしています。


授乳 ほほえましい様子の陰には、悲しい事情があるのかもしれません(Panthera公式Facebookより)

 ただ、この珍しい母子関係の今後については悲観的。ライオンは外見とうなり声で子を識別し複雑な社会を築くため、異質なヒョウはいずれ殺される可能性があると述べています。また、仮にヒョウが生き延びて成長したとしても群れにはなじまず、本能的に孤独な道を行くだろうと予測しています。


授乳 行く末には険しい道が待っていそうですが、無事に育ってほしい(Panthera公式Facebookより)


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう