ニュース
» 2017年07月14日 21時54分 UPDATE

股間をたたくと「チーン」と鳴るウェアラブル電子楽器登場 考えた人は今すぐ反省して、今すぐにだ

PVが陽気過ぎる。

[コンタケ,ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイトのKickstarterで、股間をたたくことで「チーン」と音を奏でられる電子楽器「Banggos」が出資を募集しています。概要を聞いただけで発案者は天才と紙一重のアレな感じがしますが、公式の紹介動画はもっとアレでした。こいつら未来に生きてんな。




banggos 股間 電子楽器 ウェアラブル 楽しそう


banggos 股間 電子楽器 ウェアラブル そしてこのポーズである


banggos 股間 電子楽器 ウェアラブル すっごく楽しそう

 その動画の内容は、開発者の日本人男性1人と白人男性2人(イケメン)が股間をチーンチーンと鳴らしながら、街を陽気に歩き回るというもの。定期的にラジオ体操第2の最初のところみたいなポーズが入るのが腹筋に悪い感じです。また、使い方や仕組みを音楽に合わせて紹介しているのですが、やたら歌がうまい。誰だ歌ってるの。

 「Banggos」の仕組みは、ズボンとデバイスがセットになっており、デバイスは股間部分のポケットに入っています。ただ、このポケットの作りとデバイスの色が問題で、黒いズボンの股間に鮮やかな黄色や赤の円がバーンと配置される仕組み。わざとやってますよね?


banggos 股間 電子楽器 ウェアラブル なぜこんなに主張するデザインに

 

 使い方は、「Banggos」本体のバッテリーをオンにしてスマートフォンの専用アプリを起動し、股間をたたくだけ。とても簡単です。「Banggos」とスマートフォンは、Wi-Fiで接続。アプリの設定で、4種類の音を出せます。また、DAWソフトを使えば、MIDI機器にもなるとのこと。


banggos 股間 電子楽器 ウェアラブル iOSのアプリ画面

 プロジェクトを立ち上げたのは、作曲家・メディアアーティストとして活動するkaoringMachine(かおりんぐマシン)さん。サイトの動画やパンツ制作、作曲、歌など、すべてkaoringMachineさんが行っているそうです。お前が犯人か!



 公式では“利用シーン”として、昼下がりの散歩や病院の待ち時間、オフィスの呼び鈴などを推奨していますが、大体どれも捕まりそうな気がします。変質者認定待ったなし。嫌でしょ、オフィスで股間から音出して呼び出されたら。

 出資は最低10ドル(約1000円)からできますが、本体がもらえるのは79ドル(約9000円)から。また、プッシュボタンタイプとタッチボタンタイプがあり、79ドルはプッシュボタンタイプ、タッチボタンタイプは109ドル(約1万2000円)からとなります。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー