ニュース
» 2017年07月15日 13時15分 UPDATE

新潮社、すごすぎてコピーが書けない「すごい小説」を発売前に異例の全文公開 Twitter等でのキャッチコピー案募集へ

「ルビンの壺が割れた」という新人作家の小説のコピーを募集しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 新潮社は、まだ刊行前の“すごい小説”を全文公開し、読者に向けてキャッチコピーを募集する特設サイトを公開しました


新潮社 キャッチコピー 募集 全文公開 ルビンの壺が割れた 有名な錯覚図形「ルビンの壺」がサイトのトップに

 小説のタイトルは「ルビンの壺が割れた」。ある日突然、無名の著者(宿野かほる氏)から送られてきた小説で、同社の担当編集が「すごすぎて、いまだコピーをつけられずにいます」として、今回出版前にも関わらず全文公開とコピー募集に踏み切ったとのこと。

 SNSでのメッセージのやり取りから始まる内容ですが、同社内の声では「あらすじはおろかジャンルも、未読の人に絶対に『言ってはいけない本』」や「必ずや、あなたは騙されるでしょう」などの感想が上がる、“奇怪な小説”となっています。



新潮社 キャッチコピー 募集 全文公開 ルビンの壺が割れた 特設サイトではたくさんの驚きの声が

 キャッチコピー案は「結末を絶対に明かさない」という条件の下、Twitterまたは専用フォームから応募可能です。期間は7月27日23時59分までで、優秀作品に選ばれた5人には「5000円の図書カード」と「あなたのキャッチコピーが帯になった特装本」がプレゼントされます。

 なお公開中の「ルビンの壺が割れた」はまだ修正途中のキャンペーン版で、応募期間までの公開となります。Kindleなどでは電子書籍版も配信中です。実際の書籍は8月22日に刊行予定。

 Twitterではすでにコピー案とともに感想がツイートされていて、「これは凄い小説」「一気に読んでしまった」といった声の他、思いきった試みに「面白い」といった声も上がっています。







(宮原れい)

関連キーワード

キャッチコピー | 小説・詩 | 新潮社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう