ニュース
» 2017年07月15日 23時00分 UPDATE

宇宙飛行士の相棒ロボットへ JAXA初の自律移動型球体ドローン「Int-Ball」の映像が公開

緊急時の事故現場の調査などにも利用される予定です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、遠隔操作で国際宇宙ステーション(ISS)内を移動して撮影可能なドローン「Int-Ball(イントボール)」の映像を初公開しました。動画では無重力の船内で自律的に位置を制御し、回転しながら周囲を撮影する様子が見られます。


jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン どこかかわいらしいデザインの「Int-Ball」

 Int-Ballは直径150ミリ以下という小さめの球体ドローンで、かわいらしい目のような点灯LEDが付いたデザインとなっています。筑波宇宙センターからの遠隔操作によって静止画と動画の撮影を行い、映像はリアルタイムでの確認が可能です。

 将来的には自律飛行が可能なノーメンテナンスのドローンとなる予定で、これにより宇宙飛行士たちの作業時間の10%を占めるという撮影タスクをゼロに。宇宙飛行士の相棒ロボットとして活躍予定です。現在は初期検証中。



jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 船内に設置した立体マーカーで位置を認識

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 回転して撮影する「Int-Ball」の様子

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローンjaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 筑波宇宙センターから遠隔操作し、映像を確認します

 現段階では既存のドローン技術を採用した作りで、筐体と内部構造は3Dプリントで製造。正面に撮影用のメインモニターカメラがある他、左右には「画像航法カメラ」や「超音波距離センサ」があり、さらに船内に設置された立体マーカーを用いて位置を認識。またジャイロなどの装置が1つになった「超小型三軸姿勢制御モジュール」も搭載されています。

 今後は日本の実験棟「きぼう」船内外実験の自動化・自律化を進め、探査ミッション等に利用可能なロボティクス技術の獲得を目指すとしています。


jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 空間の移動や回転は「推進用ファン」で( JAXA資料「JEM自律移動型船内カメラについて」より)

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン JAXAの研究によって作られた「超小型三軸姿勢制御モジュール」も搭載しています

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー