ニュース
» 2017年07月19日 13時07分 UPDATE

よし、そっくりだな! タカラトミーのしゃくれ動物ガチャにオオカミ登場でマンウィズ「ヤリヤガッタナ!」

今日も日本は平和です。

[のとほのか,ねとらぼ]

 頭はオオカミ、体は人間という外見が印象的なロックバンドのMAN WITH A MISSIONが7月19日、さまざまな動物の顎をしゃくれにさせたガチャ「シャクレルプラネット」で、しゃくれたオオカミの姿を発見し「ヤリヤガッタナ!」と反応しています。やられましたね。


シャクレルオオカミ 立派な顎をお持ちで

 タカラトミーアーツのガチャブランド「パンダの穴」から発売されている「シャクレルプラネット」。シリーズ第3弾では寒い地域の動物たちが初登場しています。これに反応したのは、オオカミバンドとも呼ばれるMAN WITH A MISSION。下顎が若干出ていることから“シャクレ狼”といわれているメンバーのJean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)さんをフューチャーしたようなオオカミの姿に「ヤリヤガッタナ!」とお怒りの姿勢を見せています。


MAN WITH A MISSION このしゃくれver.にも期待したい(画像はMAN WITH A MISSION公式サイトから)

 これに対してタカラトミーは「コンナノモアリマス(「゚Д゚)「ガウガウ」と他の動物シリーズのフィギアを持ち出してじゃれ合ってきたり、パンダの穴は「スミマセン!一生懸命ヤッテシマイマシタ!アリガトウゴザイマス!」と謎の誠意を見せるなど製作サイドはノリノリ。コラボもワンチャンありそう。

 さらにコメント欄では「とうとう仲間入りですね」「副業OKなんですか?笑」「ガチャ界にメジャーデビュー」とツッコミを入れる人の他、「これ欲しいw」「ガチャガチャしに行こう」といった声があがるなど、意外なところで購買効果が発揮されているようです。

 なお、「シャクレルプラネット3」は9月発売予定とのことです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!