ニュース
» 2017年07月20日 15時35分 UPDATE

75年前に行方不明となった夫婦、溶けた氷河から遺体で発見 スイスで

年代物の瓶や懐中時計などとともに発見されました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 7月14日(現地時間)の早朝、スイスのツァンフルロン氷河で男女の遺体が発見されました。身元は75年前に行方不明となった夫婦だと、地元ヴァレー州警察が公表しています


公式発表 州警察の発表。左の写真が発見地点

 現場は標高2615メートル。遺体は長期間氷漬けとなっていましたが、氷河が溶けて後退したあとから発見されました。ともに見つかった古びた瓶や書籍などが、犠牲者が何十年も前の人物であることを示唆しています。


瓶書籍 遺品の瓶と書籍

懐中時計靴 身に着けていた懐中時計と靴

 その後のDNA検査により、遺体は1942年8月15日に行方不明となったデュムラン夫妻と判明。州立警察が1925年以来作成していた、高山や水路での行方不明者リストが特定につながったようです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう