ニュース
» 2017年07月20日 20時00分 UPDATE

「カッコいいラジオが欲しい」から誕生したラジオ「Hint」の先行予約開始 ワイドFM対応でBluetoothスピーカーにも

クラウドファンディングで3000万円以上の資金を集めた新しいラジオです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニーの3社によって開発されたワイドFM対応のラジオ「Hint(ヒント)」が、先行予約の受付を7月20日から開始しました。


ラジオ Hint 受信機 一般発売 「Hint」フロストシルバー

 Hintは、昨年にクラウドファンディングサイトCAMPFIREで開発のための支援を募集し、目標金額を大きく超える3000万円以上の資金を集めた商品。ニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記氏の「カッコいいラジオが欲しい」という思いから企画がスタートし、デザイナーメチクロ氏によって本体がデザインされています。

 プロジェクト終了後にも購入を希望する声が多く寄せられたため、一般発売が決定。ビックカメラ.comや全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップのラジオ取扱店舗にて9月初旬から販売されます。

 特徴として、クリアな音声でラジオを聞ける「ワイドFM」に対応しているほか、本体上部のスピーカーに加えてウーファーとツイーターを追加した「無指向性の3WAYスピーカー」を搭載。またスマホと接続できる「Bluetoothスピーカー」としての機能も搭載されています。


ラジオ Hint 受信機 一般発売 ビルやマンションでも受信しやすいとのこと

ラジオ Hint 受信機 一般発売 「人の声が心地よく聴こえる柔らかいサウンド」を目指して設計。「LINE IN入力端子」も搭載しています

ラジオ Hint 受信機 一般発売 ラジオの「気配」を感じるLEDライトも点灯します

 室内での電波環境を安定させるため「外部アンテナ」が付属し、さらに本体の振動を抑えて音質向上を図る「インシュレーター」も同梱されます。

 その他にも、ラジオ番組で流れた 「DTMF音(電話のダイヤル音)」に含まれる情報を本体で解析してスマートフォンへ送る“BLEビーコン機能”によって、「番組で紹介したWebサイトのURLをスマートフォンで自動的に通知する」といった連携も可能になるとのこと。


ラジオ Hint 受信機 一般発売 音でデータを送受信できる「トーンコネクト」とGoogleの規格「Eddystone」に対応しています

 電源はACアダプタ、または連続稼働時間約3時間のバッテリーで動作し、重量は1075グラム。価格は2万2000円(税別)で、カラーはフロストシルバーとブラックの2色。現在Cerevoオフィシャルストアやグッドスマイルカンパニーオンラインショップでも予約が可能です。


ラジオ Hint 受信機 一般発売 「Hint」ブラック

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう