ニュース
» 2017年07月21日 07時00分 UPDATE

VRゲームに使ったらむっちゃ楽しそう 人間の動きを認識する服「e-skin」、クラウドファンディング開始へ

スポーツ、着座時の姿勢のモニタリングなどにも利用可能。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 衣類のように着用すると、カメラなしでユーザーの動きを認識する「e-skin」のクラウドファンディングが8月2日にスタートします。開発は、東大発のベンチャー企業Xenoma。


「e-skin」クラウドファンディング

 「e-skin」は、伸縮センサーで人間の動きを捉えるスマートアパレル。ロングTシャツのような形状で、普通の衣類同様、洗濯機で洗ったり、Tシャツの上に重ね着したりすることができます。利用方法としてはスポーツ時の運動状況の解析、着座時の姿勢のモニタリングなどが挙げられていますが、特にうれしいのはVRゲーム用のコントローラーとして使える点。

 今回のクラウドファンディングは「Kickstarter」で行われ、個人使用を想定したバージョンが登場。Unity、Unreal Engineをはじめとした開発環境に対応しており、ディープラーニングを使ったモーション判定開発機能、ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」などとの連携機能も利用できます。

 100セット限定となっている479ドル(日本円で約5万円)の出資プランでは、「e-skin」本体をゲットすることが可能。その他、開発者向けキット、ミニゲームアプリが選択できるプランも用意するとしています。


「e-skin」クラウドファンディング「e-skin」クラウドファンディング スポーツ、姿勢維持などに加え……


「e-skin」クラウドファンディング VRゲーム用コントローラーにも使えるとのこと


「e-skin」クラウドファンディング 「Microsoft HoloLens」と組み合わせるとこんな感じ。これでゲームしたら、むっちゃ没入感ありそう

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう