コラム
» 2017年07月23日 11時00分 UPDATE

木魚ってどうやって作るの? そもそもなぜ魚なの?

ポクポクポク……。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 ポクポクポク……。

 お坊さんはお経を読みます。木魚をたたきながらお経を読みます。木魚は読経に欠かせない、大切な仏具です。ところで皆さんは、木魚をしっかりと見たことがありますか?

 この木魚、そもそも、どうやって作られているのでしょうか。特に中の穴は、どのように作っているのでしょう?

木魚は1つの木材をくり抜いて作る

 答えは「木材を頑張って少しずつ削って加工する」。職人の頑張りなのです。表面は普通に削れるでしょう。問題は、中の空洞。

 これは「穴から細長いノミで中身を削って」作ります。音を響かせるために木魚に開いている穴、あの穴からノミを入れて中を削り出すのです。木魚は、まるでボトルシップのように作られているんですね。

木魚はなぜ魚なのか

 こちらも難問。木魚が魚である理由、説明できますか? こちらの答えは「眠気を戒めるため」

 魚は目を開けたまま眠るため、その昔は「魚は眠らない」と考えられていたのです。そのため、眠気覚ましの意味で魚が彫られるようになりました。木魚の先祖にあたる「魚板」はもっとリアルな魚の形をしていますよ!

京都、萬福寺の魚板 Photo by sdkfz183 - An original type of wooden fish at Manpuku-ji, Uji, Japan / Adapted.

 木魚にまつわる2つの雑学、いかがでしたか。仏道修行のように、雑学をストイックに学ぶのも楽しいかもしれませんよ。ポクポクポク……。

制作協力

QuizKnock


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー