連載
» 2017年07月25日 23時30分 UPDATE

週刊少年マガジン×ねとらぼ:初エッチ失敗、お母さんからはアレの差し入れ……マンガ『徒然チルドレン』から『ラブコメディ』 (1/2)

お母さん理解示しすぎでしょ!

[たまごまご,ねとらぼ]

画像 「徒然チルドレン」(C)若林稔弥/講談社

 どこにでもいる高校生たちを主人公にした青春マンガ『徒然チルドレン』(若林稔弥)。やたらドキドキすると話題の同作がアニメ放送を記念して、ねとらぼに期間限定で登場します!


エピソード:ラブコメディ

画像

 お互いボケツッコミをしていたコント友達、内村千秋と飯島香奈も、晴れてカップルに。とそこまでは良かったけど、今までの友人関係が強すぎて一歩踏み出せない、まだキスもしていない2人がとうとうベッドで……!


画像 外人ものか……男の子なら仕方ないね……ってまさかの急展開

画像 据え膳で思わずネタを振ってしまうのは、長いこと友達だったゆえのネック

画像 最後のコマの最低感

 えーと、殴りたいので壁十枚持ってきてもらえますか。なんなの今の高校生ってこうなの!? しれっとえっちするの!? そんな青春知らんぞ!(個人差があります)

 今まで何を言ってもギャグになっていた、友達期間が長かった2人、真剣な気持ちを伝えるとなると恥ずかしくて仕方ないし、ついちゃかし気味。まーボケるよね。まー乗るよね。まーこのままだと前に進めないよね。詳しくは「至近距離恋愛」回を見直してね。それでも「小僧怖いのか?」ともののけ姫っぽく煽りつつ、ちゃんと空気が戻るあたり、進展しています。がんばりました!

 「胸超もみたい!」と恋愛より先に性欲がほとばしったり、「屁が出たらどうしよう!」とか無駄に考えたりしちゃう。ここはもう男の子のサガ。悪いことじゃないんだけれども、まずいかなと引け腰になってしまう。即もみしない。ヘタレというなかれ、これは思いやりだよ。

 もっとも、思いを素のままぶつけてくれるのも、うれしいもの。女の子側は、グッとリードしてほしい気持ちもある。押したり引いたり手探り状態。がんばってもうまくいかない経験、どんどん重ねることも、青春の思い出だよたぶん。知らんけど。

 あたふたする2人の外堀を埋めたのが2人の親というのが面白い。そっかー、ゴム渡しますかー。どちらの家庭もかなりオープンで、家族ぐるみでお付き合いについてはよく知っていそう。姉にもこれでバレたし。でも理解示しすぎだと、逆にやりづらいというのもありそうです。「どうだった?」とか聞かれたら死んじゃう。もっともこういう親って、本当にいるもんですかね?

 応援したい気持ちと、ニヤニヤする気持ちと、悔しい気持ちで、私頭がおかしくなりそうです。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!