ニュース
» 2017年07月25日 10時00分 UPDATE

ウェザーニューズが5分更新の精密天気予報を発表 突発的な「ゲリラ豪雨」などの予報も向上

これまで正確な予報が難しかった気象現象や地域への天気予報がより正確に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ウェザーニューズは7月24日、気象予測の精度向上を図るため、予測モデルの解像度と更新頻度を高めた「超細密天気予報」を配信開始したことを発表しました


ウェザーニュース 超細密 天気予報 精度向上 解像度(メッシュ数)が25倍に

 これまで1時間ごとだった更新が5分ごとになり、解像度(メッシュ数)も従来の25倍となる1キロメッシュを実現。これにより、毎日の天気予報の精度向上だけでなく、ゲリラ豪雨などの“局地的”かつ“突発的”な現象にも正確に対応できるように。

 利用はスマホアプリの「ウェザーニュースタッチ」(iOS/Android)内の「マイ天気」「天気予報Ch.」や、Webサイト「ウェザ―ニュース」 からアクセスできます。


ウェザーニュース 超細密 天気予報 精度向上ウェザーニュース 超細密 天気予報 精度向上 5分ごとの更新で情報をより正確なものに(左:20時15分更新→右:20時20分更新)

 今回の新しい気象予測モデルは、同社による日本最大の気象観測網(観測機は全国1.3万地点)や「ひまわり8号」の衛星画像に加え、現地ユーザーからの実況報告やフィードバック、さらには過去10年のデータ解析など、さまざまな気象データを活用して開発。

 ちなみに3月から開始していた試験運用では、運用開始以前より平均して予報精度(速報値)が3.3%向上。高い所では4.0%も向上したと成果を発表しています。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう