ニュース
» 2017年07月26日 11時35分 UPDATE

Google、災害情報機能「SOSアラート」導入 検索結果にニュースや緊急時電話番号などをまとめて表示

Google検索とGoogleマップに適用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Googleが公式ブログで、災害情報機能「SOSアラート」の導入を発表しました。自然災害やその他の危機が発生している地域をGoogle検索とGoogleマップで検索すると、関連情報がまとめて表示されるものです。


SOS AlertSOS Alert 災害関連情報をひとまとめに

 赤十字や連邦緊急事態管理庁、フィリピン大気地球物理天文局といった協力機関を情報源に、ニュースや詳細な被災地域、緊急電話番号や地元当局からの最新情報などを表示。Googleマップの場合は道路の閉鎖状況など交通情報をリアルタイムで更新します。


SOS AlertSOS Alert Googleマップからもアクセス可能

 モバイル版では、ユーザーの所在地に危機が迫っている場合に通知する機能が利用可能。ユーザーが被災地の外にいる場合は、ボランティアや募金の連絡先も確認できます。


(沓澤真二)


関連キーワード

Google | 災害 | Google Maps | 被害状況 | Google検索 | 被災地


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう