ニュース
» 2017年07月26日 20時18分 UPDATE

「メガドライブを鑑賞しながらいろいろ考える場所を作った」 とあるセガファンのコレクションルームの徳が高い

SG-1000やワンダーメガの姿も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「メガドラを鑑賞しながらいろいろな事を考える場所を作った」と、Twitterで披露されたコレクションルームが優雅です。棚にはメガドライブだけでなく、メガCDや一体型のワンダーメガ、SG-1000など多彩なセガハードをずらりと並べ、シックな空間を演出。落ち着いて思いを巡らせられそうです。



コレクション棚 黒いフォルムが落ち着くコレクション。最上段にはSG-1000が

 投稿者のYUJIRO TOMINAGAさん(@yu100s)が、気分転換のため作り始めた空間。編集部が取材したところ、数々のハードは“出会い”を感じたときに購入しているそうです。ハードは眺めるだけでなく、鑑賞が終わったらしっかりプレイ。メガドライブのハードやソフトウェアパッケージのデザイン、ソフトのラインアップが好きで、嫌いなタイトルは特にないとのことです。


コレクション 多くのメガドライブには、拡張ユニットのメガCDやスーパー32Xが付いたものも。下段のほうには、メガドライブとメガCDが一体化したワンダーメガとワンダーメガM2、海外版のGenesis CDXもあります

コレクション メガLDは別室にあるそうです

 Twitterでは「すばらしいご趣味ですね」「なんて大人な楽しみかたなんだ」など、感心する声が多数。セガ公式アカウントからも「ずっと大切にしてくださって、ありがとうございます」と、感謝のリプライが寄せられています。



 その後は全メガドライブソフトを収納できるキャビネットも設置。ライトアップや地震対策も検討中だそうです。


画像提供:YUJIRO TOMINAGAさん(@yu100s

(沓澤真二)


関連キーワード

メガドライブ | セガ | 趣味


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう