ニュース
» 2017年07月27日 12時17分 UPDATE

佐川急便、11月21日より運賃価格等改定 飛脚宅配便はサイズに応じ60〜230円の値上げ

ヤマトに続いて佐川でも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 佐川急便が環境変化に伴うコスト増加への対応として、運賃価格等の改定を11月21日から実施します。飛脚宅配便では、100サイズ(荷物の3辺合計100センチ、重量10キロ以下)以上の運賃が60〜230円の値上げ。飛脚ラージサイズ宅配便では1.1〜33.3%、平均17.8%の値上げとなります。


飛脚宅配便 100サイズで60円、140サイズで230円、160サイズで180円の値上げ。同じ運賃を適用している飛脚特定信書便でも同様の改定が実施されます

ラージサイズ 飛脚ラージサイズ宅配便は、170サイズで550円、最大の260サイズで1600円の値上げ

 大型家具家電設置輸送時の設置料金は700〜2200円、クール便運賃は100〜350円の値上げ。代引きサービス「e-コレクト」でも、取込詐欺などのリスク回避や体制作りのために手数料を値上げしています。


代引 代引金額が高額な場合、ツーマン体制で対応するといった体制の維持が目的

クール便 クール便値上げの背景には、フロン排出抑制法の影響も

 スキー用具を送る際のサイズ上限を引き上げるといった改定も。同社は今回の改定を通じて従業員の待遇改善や輸送力の増強を行い、サービスの維持と向上を図るとしています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう