ニュース
» 2017年07月31日 08時30分 UPDATE

弘前大学と東北電力、方言をAIで標準語に変換するなどの共同研究へ コールセンターでの方言・なまりへの対応に

通話音声の内容を自動要約する技術の実用性を検証します。

[宮原れい,ねとらぼ]

 弘前大学と東北電力は、人工知能(AI)を活用した通話音声のテキスト化と自動要約、また方言・訛りの標準語変換などに関する共同研究の実施を発表しました


方言 AI 変換 テキスト化 自動要約 弘前大学 東北電力 なまった通話をAIが標準語で文章にまとめてくれる日がくる?

 研究ではまず、年間150万件もの申込みや問い合わせの電話を受け付ける「東北電力コールセンター」の通話音声データを、AIの音声認識技術を活用してテキストデータ化。さらに言語処理技術を活用して行った自動要約の結果から、その内容が理解できるか評価して、実用性について検証します。

 これに加えて、方言やなまり(津軽弁)を含む音声データを、弘前大学の作成する方言データベースとAIを活用して標準語テキストデータへの変換を行い、その精度について検証。コールセンターにおける“方言・なまりへの対応”といった課題への活用を検討します。


方言 AI 変換 テキスト化 自動要約 弘前大学 東北電力 共同研究の内容イメージ。弘前市も協力しています

 研究成果はその他、弘前大学によって医療現場における“患者との対話記録の作成”などへの活用に、東北電力でもコールセンターの待ち時間や通話時間の短縮などサービス向上に向けた活用が検討される予定です。研究期間は、2017年8月1日〜2018年1月31日までを予定。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう