ニュース
» 2017年08月01日 12時25分 UPDATE

フェラーリが納車1時間でクラッシュ、無残な鉄くずに ドライバーは奇跡的に軽傷

不幸中の幸い……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 英国で7月28日、納車からわずか1時間で無残な鉄塊と化したフェラーリが確認され、涙を誘っています。

フェラーリが納車1時間でクラッシュ、無残な鉄くずに ドライバーは奇跡的に軽傷 1時間前までフェラーリだった何か

 サウスヨークシャー州警察のFacebookによると、事故があったのはロンドンからリーズに至る高速道路、M1モーターウェイの37番ジャンクション。事故当時の路面はぬれており、スリップしやすい状態だったそうで、制御を失い車道を飛び出したフェラーリは大破。元の流麗なフォルムは跡形もなく、見るも無残な姿になってしまいました。

フェラーリが納車1時間でクラッシュ、無残な鉄くずに ドライバーは奇跡的に軽傷 もったいない……

 原型をとどめないほどの大事故でしたが、ドライバーは奇跡的に軽傷。軽い裂傷と打撲だけで済みました。警察が車の種類を尋ねると「1時間前に納車したばかりのフェラーリです」と答えたそうです。辛すぎる……。

 厳密な車種は“フェラーリ430スクーデリア”。F430をベースにミハエル・シューマッハ監修の下スポーティにカスタマイズされたもので、市場価格は3000万円程度。中古でも2000万円程度はする高級車です。それが1時間で廃車とは、とんだ災難。しかしこれだけの事故で命が助かったのですから、それだけで幸運だったといえそうです。

 なお警察によると、何人かの目撃者への聞き込みの結果、原因はスピード違反ではなかったことが分かっているとのこと。詳しい事故原因が気になるところです。

画像:サウスヨークシャー州警察Facebookより

関連キーワード

フェラーリ | 事故


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう