ニュース
» 2017年08月01日 20時54分 UPDATE

大きさ30センチ足らず、暗闇で発光する小さな新種のサメ発見

「カラスザメ」の仲間です。

[ねとらぼ]

 片手で持てるほど小さく、暗闇で光る新種のサメを、米フロリダアトランティック大学の研究者が発見しました

新種のサメと研究者

 太平洋の北西ハワイ諸島沖の深海1000フィート(300メートル)で発見されたこの新種は、「Etmopterus lailae」という名前で「カラスザメ」の仲間。成長しても1フィート(30センチ)、2ポンド(900グラム)に満たない大きさです。新種と特定するまでには、最初に見つけてから17年以上かかったとのこと。

 他のカラスザメとは違って、頭の形が奇妙で、口先が大きく、そこに鼻孔と嗅覚器が配置されているというのが特徴。ほとんど光のない深海に住んでいるので、食べ物を見つけるのに鋭い嗅覚が必要だと研究者は述べています。他にも横腹の模様や、他のサメより歯が少ないといった特徴がありますが、他のカラスザメ同様に暗い中で発光します。カラスザメが発光する理由は、適切な交尾相手を見つけるため、捕食者からのカムフラージュ、エサを引き寄せるためなどさまざまな説があるそうです。

Etmopterus lailae

 この新種は小さいこと、深海に住んでいることから研究は進んでいないと研究者。この発見は他に存在しているかもしれないものの氷山の一角だとコメントしています。

 研究の成果は学術誌「Zootaxa」に掲載されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!