ニュース
» 2017年08月07日 13時17分 UPDATE

いざというときに役立ちそう 警視庁「砂ぼこり対策に使える簡易マスクをキッチンペーパーで作る方法」が話題に

キッチンペーパーは、即席ウエットティッシュも作れる身近な防災アイテム。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 警視庁警備部災害対策課がTwitter上に投稿した、キッチンペーパーを使った簡易マスクの作り方が役に立ちそうです。材料の輪ゴム、ホチキスが用意できれば、かなり短時間で作れるのでは?

 キッチンペーパーを蛇腹折り(山折り、谷折りを繰り返す)にして、その両端にホチキスで輪ゴムを固定。輪ゴムを耳にかけてキッチンペーパーを開くと、鼻からあごまでを覆う紙マスクのような形状になります。簡素な作りではあるものの、砂ぼこりなどは十分に防げるとしています。


キッチンペーパーを使った簡易マスクの作り方キッチンペーパーを使った簡易マスクの作り方 材料はキッチンペーパー、ホチキス、輪ゴムの3つだけ


キッチンペーパーを使った簡易マスクの作り方 顔の下半分をしっかり覆ってくれます

 マスクの横幅は、ホチキスを止める位置で変更可能。輪ゴムが引っ張られすぎて耳に負担がかからないように、顔の大きさに合わせて調整するのがポイントになりそうです。なお、実際に子どもに着用してもらったところ、「苦しくない。いい感じ」と好評だったとのこと。

 警視庁警備部災害対策課の公式Twitterアカウントは、これまでにも「消費期限が近い乾パンでカツを作る方法」(関連記事)、「ペットボトルと懐中電灯でできるランタン」(関連記事)など、防災に役立つ生活の知恵を紹介。ちなみに、キッチンペーパーは今回のマスクに加え、即席ウエットティッシュとしても使えるとか。

マッハ・キショ松

関連キーワード

キッチン | 警察 | 作り方 | 災害 | 防災


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう