ニュース
» 2017年08月08日 15時40分 UPDATE

大津市、自治体初のLINEを活用したいじめ相談窓口開設へ LINE社といじめ防止の連携

自治体では初の試み。

[Kikka,ねとらぼ]

 8月7日、LINE社が滋賀県大津市と「LINE」を利用したいじめ防止対策とその研究を行うべく、「LINEを利用した子どものいじめ防止対策に関する連携協定」を締結したと発表しました。自治体では初の試みとなるLINEを活用したいじめ相談窓口が開設されます。


LINE 大津市 いじめ LINEと大津市(LINEの発表より)

 LINE社によると、現代の子どもたちは電話よりもSNS、特に「LINE」を多く利用しているという実態(総務省・情報通信政策研究所調べ)があり、新たないじめの形としてSNSを通じたものが確認されているとのこと。

 しかし主ないじめの相談窓口は電話であるということなどから、大津市が相談用のLINEアカウントを開設し、2017年11月1日から2018年3月31日までの平日17時から21時までいじめ相談を受け付ける試験運用を行います。


LINE 大津市 いじめ 平成27年の平日1日:コミュニケーション系メディアの行為者率と行為者平均時間(総務省・情報通信政策研究所「平成27年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

 大津市のアカウントを生徒が友だち登録することにより、LINEのチャットワーク機能を利用して相談が可能。対応は大津市が委託した専門のカウンセラーや相談員が行う予定です。

(Kikka)

関連キーワード

いじめ | 相談窓口 | 自治体 | LINE | 総務省


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう