ニュース
» 2017年08月09日 14時00分 UPDATE

北海道で「エリアメール誤送信のお詫び」が再びエリアメールで届く事例 あの音に2度驚いた道民も

あの音は心臓に悪いです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 8月9日の午前中、北海道内のドコモユーザーにエリアメールが誤送信され、お詫びの文章が再びエリアメールで届くという出来事がありました。

エリアメール 1度目のエリアメール

 1度目は9時39分頃、「(テスト)緊急:電力需給ひっ迫」というタイトルで「(本メールはテストです)本日北海道電力管内で、電力が著しく不足しています。停電回避のため、10:00から18:00までは、できるだけ電気製品の使用をお控えください。経済産業省(経済産業省 資源エネルギー庁)」という内容でした。

 続いて10時19分に「メール誤送信のお詫び」というタイトルで「本日9時50分に送信されました電力不足に関する経済産業省からのテストメールは、本来、一部の方にテストとしてお送りする予定だったものを、誤って北海道内の皆様にお送りしてしまいました。現在、電力不足は発生しておりません。お詫びして訂正させていただきます。経済産業省(経済産業省 資源エネルギー庁)」というメールが届きました。

エリアメール 2度目のエリアメール

 2度に渡るお知らせ音に驚いた道民も多かったようで、Twitterには「音にびっくりした」「電車の中で一斉に鳴った」「こんなに涼しいのに電力不足? と思った」「お詫びのメールであの音を鳴らすのはやめて欲しい」といった声が並びましたが、中には「ちゃんと届くことが確認できて安心」という意見も。経済産業省のサイトには、今回の誤送信の経緯などが掲載されています。

エリアメール 経済産業省のサイトには誤送信のお詫びが掲載されています(画像は経済産業省のサイトから)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう