ニュース
» 2017年08月15日 09時00分 UPDATE

南極から100年前のフルーツケーキが発見される 金属ケース内で「完全に保存」され、今でも食用可能

1世紀前の南極遠征隊が持ち込んだものと推測されています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 南極で約100年前のフルーツケーキが発見されたことが、ニュージーランドの団体「Antarctic Heritage Trust」から発表されました。保存状態がよく、現在も食用可能だとしています。


南極で約100年前のフルーツケーキ 製造年は1世紀くらい前のはずですが、見た目的にはまだ食べられそう


南極で約100年前のフルーツケーキ 保存処理後の様子。中身の確認後、金属のケース内に戻したようです

 フルーツケーキは、1822年に創業したイギリスのメーカーHuntley & Palmers社製。同国の探検隊が、1910〜1913年にかけて行ったテラノバ遠征の際に南極に持ち込み、アデア岬に残したものと推測されています。

 フルーツケーキは包み紙、金属ケースに覆われたままになっており、「完全に保存されていた」とのこと。見た目、香りには問題がなく、現在でも「(ほぼ)食べられる」状態を維持しているといいます。本当にお腹を壊さないのかちょっと心配ですが……いったいどんな味なのか気になるなあ。

 ちなみに、フルーツケーキは効率的にカロリーが摂取できるため、南極遠征には理想的な食べ物なのだそうです。「Antarctic Heritage Trust」はかねて南極に残された人工物の保全活動を行っており、この他にもチョコレート、乾燥された肉のブロックなどが発見されています。


南極で約100年前のフルーツケーキ 「Antarctic Heritage Trust」のWebサイトでは、別の発見物の紹介も。左下はチョコレート、右中央は「ミートバー(スープ作りなどに使える肉のかたまり)」

マッハ・キショ松

関連キーワード

南極 | ケーキ | カロリー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう