ニュース
» 2017年08月15日 10時20分 UPDATE

銀山で生まれた地下アイドル「GINZAN BOYZ」 地下掘削アイドルのインパクトがスゴイ

坑道でお待ちしています。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 地下の坑道を活動拠点としている異色のアイドルグループが7月にデビューしました。地下アイドル「GINZAN BOYZ」です。アイドルといえば、歌やダンスなどのパフォーマンスが一般的ですが、彼らのパフォーマンスは掘削作業。暗く、狭い坑道でノミを片手に掘削を続ける姿が印象的です。

 GINZAN BOYZは兵庫県にある1973年に閉山した「生野銀山」の坑内に展示されたマネキン。生野銀山は閉山後に観光施設として運営されており、GINZAN BOYZはその施設のPRのために結成されました。

GINZAN BOYZ アイドルっぽいデビュー曲のロゴ

GINZAN BOYZGINZAN BOYZ アイドルにしては古風な名前です。

GINZAN BOYZGINZAN BOYZ メンバー紹介が続きます。あれ……?市長さん……?

 全員が無口なため、メンバーの個性を知る唯一の方法は公式サイトのメンバー紹介を読むこと。生まれた瞬間、父の金槌を持って3歩歩き、「生野銀山唯我独尊」と発言した飛鳥(あすか)くん。くみ上げた地下水をペットボトルにつめ、「銀の湧き水」として売り出す計画を胸に秘める潮(うしお)など、プロフィールからにじみ出る、笑わせてやろう感がたまりません。地下から中々出てこない、総勢60人のアイドルグループとなっています。

GINZAN BOYZ こんなところにGINZAN BOYZはいます

 全長約1000メートル、約40分の坑道を歩くコースでは、GINZAN BOYZのメンバーが出迎えてくれます。過酷な環境で掘削を続けた男たちの姿を伝える施設で、近代日本の歴史に触れてみるのもいいかもしれません。

(カナブンさん)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!