ニュース
» 2017年08月15日 12時19分 UPDATE

1クリックで嫁がポンポン生まれるサービスが登場 深層学習で萌えキャラを自動生成

嫁は“創る”時代。

[コンタケ,ねとらぼ]

 1クリックでオリジナルの萌えキャラを作成するサービス、「MakeGirls.moe」が注目を集めています。Aixileさん(@namaniku0)がコミックマーケット92で初公開したもので、現在はオンライン上から誰でも利用できます。自分だけの嫁が次々に誕生する時代になったか……。


make girl moe 深層学習 ディープランニング 美少女 「Generate」をクリックするだけで次々に萌えキャラが誕生

 このサービスの最大の特徴は、深層学習(ディープランニング)を利用してキャラの絵を自動生成しているところ。あらかじめ用意されたパーツを組み合わせてキャラクターを生成するようなサービスは今までにもたくさんありましたが、「MakeGirls.moe」は毎回新しいキャラクターの絵をAIが生成します。

 生成されるキャラクターのクオリティーは高く、しっかりと萌え絵になっています。また、キャラ絵は完全ランダムで生成することもできますし、髪の色や目の色、髪形、帽子や眼鏡の有無といった特徴を指定も可能。黒髪黒目も金髪青目も赤髪赤目も、ツインテもポニテもロングヘアもショートヘアも思いのままです。


make girl moe 深層学習 ディープランニング 美少女 黒髪、茶色目、ショートヘアで作成


make girl moe 深層学習 ディープランニング 美少女 銀髪、黄色目、ロングヘアで作成


make girl moe 深層学習 ディープランニング 美少女 金髪、青目、ツインテール、笑顔オフ、口開けで作成


make girl moe 深層学習 ディープランニング 美少女 赤髪、赤目、ポニーテイル、笑顔オン、口閉じで作成

 一体どのようにして作られたサービスなのか、作者のAixileさんに話を聞いてみました。

―― MakeGirlsMoeはどういう仕組なのでしょうか

Aixile:今流行っている深層学習の方法の1つ、Generative Adversarial Netwok(GAN)というモデルの変種を使っています。たくさんの画像データから、ニューラルネットワークが自動的に画像データの特徴などを学習して得た概念を使って、無限に画像を生成することができます。画像データは、大量の美少女ゲームの立ち絵を使いました。

―― 作ろうと思った理由は

Aixile:今回はコミケのネタとして作りました。実は、GANを使った二次元キャラ作りの実験は以前にもやった人がいます(例1例2)。ネタ被りはしたくないので本当は他のものと混ぜて何かを作るつもりでしたが、時間が足りず結果的にこれだけを作ることになりました。しかし、反響は思った以上に大きく、世界中からのアクセスがすごい勢いで伸びています。現在はサーバーをメンテナンスだけでも大変なことになっています……。

―― 制作期間はどのくらいですか

Aixile:前からボチボチとGAN関連の実験をしており、今回のモデルは1週間くらい掛けて調整しました。モデルが思った以上によくできて、自分でも驚いています。サイト自体は友人が2〜3日掛けてやってくれました。ただ、論文や関連実験や改良のお試しなども全部含めると、1カ月くらい掛かっています。

―― Aixileさんにとっての理想のキャラクターはどういうキャラクターですか

Aixile:そうですね、僕はやっぱり銀髪っ子が好きです。とにかくかわいい銀髪キャラを作りたい。2017年の3月あたりにGANの変種の1つのCycleGANを試して、全てのキャラを銀髪っ子に変換するニューラルネットワークを作ったことがあります

 まさに深層学習の平和的利用といった感じのする同サービスは、Aixileさんの熱い思いがあったからこそ生まれてきたようです。なお、仕組みを解説したレポートも公開されているため、興味のある方は御覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!