ニュース
» 2017年08月15日 19時42分 UPDATE

「ウテナ」「ピンドラ」などの幾原邦彦監督最新作が制作始動 MAPPA公式サイトでスタッフを募集開始

マジで?

[ねとらぼ]

 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」など、奇抜な演出やストーリーでカルト的な人気を誇る幾原邦彦監督の新作が、アニメ制作会社MAPPAで準備中であることが判明しました。アニメとしては2015年に放送された「ユリ熊嵐」以来の新作となります。


 MAPPAの公式サイト上で「幾原邦彦監督作品 プロジェクト要因募集」が行われたことで発覚。現在制作進行が若干名募集されています。募集期間は9月15日まで。

 幾原監督がMAPPAとタッグを組むのは初めてのこと。新作が進行中であることは、幾原監督を特集した8月9日発売の「ユリイカ」臨時増刊号内で明かされていましたが、スタジオ名については伏せられていました。

「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」などの幾原邦彦監督最新作の制作始動 MAPPA公式サイトでスタッフを募集開始 新作の制作が進行中であることは「ユリイカ」の増刊号で明かされていた(画像はAmazon.co.jpより

 MAPPAといえば「ユーリ!!! on ICE」や「この世界の片隅に」など、テレビアニメから劇場アニメまで、幅広く良質な作品を作ることで知られるスタジオ。新作がどのようなものになるのか、ファンから早くも注目が集まっています。


関連キーワード

アニメ | 少女革命ウテナ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう