ニュース
» 2017年08月16日 18時50分 UPDATE

警視庁が特殊詐欺の「受け子」求人広告に注意喚起 「バイク便・電車便」と称した配達アルバイトとして募集

詐欺に加担することになります。

[宮原れい,ねとらぼ]

 警視庁は、ネット上で募集されているアルバイトの中に特殊詐欺の「受け子」をさせる求人広告があるとして注意喚起しています



 現金やキャッシュカードを自宅へ受け取りに来る受取型の「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺で、直接相手に会って現金を受け取る役割の「受け子」。ネットで見られる求人サイトでは、「バイク便・電車便」などと称してその受け子をさせる求人広告が確認されていて、警視庁は公式Twitterで実際の広告を公開して注意するよう呼びかけています。


警視庁 受け子 求人広告 注意喚起 特殊詐欺の「受け子」を募集する実際の求人広告(警視庁犯罪抑止対策本部公式Twitterより)

 その広告例では、業務内容は「企業様・個人様からのご依頼のお荷物をご依頼先にお届けします」と書かれ、勤務先は「各スタッフの待機先からお客様の所に向かっていただきます」と在宅勤務で、応募は担当者への電話連絡となっています。

 その他、賃金が「時給1500円以上」と高めに設定されていたり、就業時間は「平日10時〜17時」で場合によって残業有り。また信憑性を高めるためか社員についての表記も有り、給与「月20万〜27万」、待遇では「週休二日」「社会保険完備」などと書かれています。


警視庁 受け子 求人広告 注意喚起警視庁 受け子 求人広告 注意喚起 知らないうちに詐欺に加担してしまわないよう気をつけましょう

(宮原れい)

関連キーワード

警察 | 詐欺 | 注意喚起


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう