ニュース
» 2017年08月16日 22時46分 UPDATE

「がんばれ森川君2号」の森川幸人さんが新会社「モリカトロン」設立 日本初のゲームAI専門会社

ゲームAI導入のコンサルタントや設計、開発に特化。

[ねとらぼ]

 プレイステーション用ゲーム「がんばれ森川君2号」を手掛けた森川幸人さんが、日本初のゲーム専門AI会社となる「モリカトロン」を設立しました。


森川 人工知能 AI

 本城嘉太郎さんと共に代表取締役を勤める森川さんは、「ジャンピングフラッシュ!」「アストロノーカ」などプレイステーションの初期からさまざまなゲームを世に送り出してきたクリエイター。代表作の1つである「がんばれ森川君2号」は、AIを持った不思議な生物を教育するゲームでした。



 モリカトロンで提供するゲームAIは、キャラクターの会話を自動生成する「キャラクター会話AI」、パラメータなどの最適な値を自動生成する「パラメータ、バランス調整AI」、敵の強弱やイベント発生などを制御しゲームバランスの自動調整を行う「メタAI」、フィールド上のオブジェクトを自動生成して配置する「自動生成AI」など。

 モリカトロンは、AIの搭載を希望するゲームタイトルに対して、ゲームAI導入のコンサルタントや設計、開発に特化。また、ゲームAIに関するコンサルタント、アドバイザリー、ゲームAIに関する講演、書籍出版も行うそうです。

関連キーワード

ゲーム | 会社 | 人工知能


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう