ニュース
» 2017年08月20日 11時00分 UPDATE

Nintendo Switchを片手で操作可能にするアダプター 右手が不自由な友人のためエンジニアが3Dプリンターで自作

開発の経緯にグッとくる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Nintendo Switchのコントローラー「ジョイコン」を1つにまとめて、片手での操作を可能にするアダプターがYouTubeで紹介されています。脳血管障害で右手が不自由になった友人のために、エンジニアのVexeliusさんが3Dプリンターで自作したもの。製作の経緯に泣ける。


アダプター 2つのジョイコンが片手に収まるようつなぐアダプター

 棒状のアダプターにジョイコンを差し込むと、左右のジョイコンが片手に収まる形に。親指でLスティックと方向ボタンとLボタン、人差し指でR・ZR・ZLボタン、中指でA・B・X・Yボタン、薬指でRスティックを操作可能。慣れればたいていのゲームに対応できそうです。


接続前 断面がL字型になる形状がポイント

装着 左右のスリットにジョイコンを差し込んで使用

各指の担当 5本の指が役割分担できる配置に

 「左手だけで『ゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルド』を遊びたい」という友人の思いが開発のきっかけ。操作が複雑な同作をVexeliusさんは片手だけでプレイし、友人の希望を実践してみせました。


実践デモ 片手操作で強敵と渡り合うVexeliusさん

 Vexeliusさんは最初に作ったアダプターが友人の手に合わなかったため、2つのジョイコンの間隔をせばめたバージョンを製作したとのこと。両バージョンとも、3DプリントデータをコミュニティサイトのThingiverseで公開しています。自分でも使ってみたいという人は、そちらもチェックしてみましょう。


(沓澤真二)


関連キーワード

Joy-Con | Nintendo Switch | 3Dプリンタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう