レビュー
» 2017年08月20日 12時00分 UPDATE

司書メイドの同人誌レビューノート:まるで御朱印帳 全国郵便局のご当地印を集める「風景印帳」が旅を楽しくしそう

『生き物好きのための風景印入門』『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』の2冊をご紹介。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 近頃、私設図書館のまわりは雨が多くて、すっかり涼しくなりました。夏の休暇を終えて、そろそろいつもの生活に戻ってこられた方も多いのでしょうか。季節の思い出を添える残暑見舞いのような、ステキな同人誌をレビューします。

今回紹介する同人誌

『生き物好きのための風景印入門』 A5 12ページ 表紙・本文モノクロ

『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』 190mm×138mm 28ページ 表紙・本文モノクロ

著者:エハガキ華


同人誌『生き物好きのための風景印入門』 アザラシのまわりを囲んでいるのは昆布。かわいい……
同人誌『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』 ロマンを感じさせるステキなデザインです


風景印ってなに? 郵便局でかわいいスタンプと出会おう

 風景印とは、郵便局で押してもらえる、図柄のついた消印です。全国の郵便局で採用されているとのこと。日本郵便のWebサイトでも情報が掲載されています。

 図柄の題材は、その郵便局の土地柄にちなんでいるのですが、郷土品から名物までとっても多彩。そのなかでも、生き物にスポットを当てたのが『生き物好きのための風景印入門』です。日本全国のたくさんの風景印の中から、特に作者さんがおすすめする風景印を鳥類、昆虫、海の生き物、絶滅した生き物などに分類したうえ、紹介されています。えりも岬郵便局のゼニガタアザラシは目がうるうるしてます! 福島県久ノ浜郵便局のフタバスズキリュウは、湾の上を飛んでいるような、悠久を感じさせるデザイン。長崎の大瀬戸郵便局のマダコとひげのおじさま、そしてかんきつ類という名物を詰め込んだに違いない脈絡のないコラボに胸がなぜかざわめき……。全国津々浦々、こんなに面白いスタンプが潜んでいたのですね!

 このかわいくて魅力的な風景印、ハガキの料金と同じ62円の切手を貼れば、自分のノートなど、郵便物以外に押してもらうことも可能なんですって。

同人誌『生き物好きのための風景印入門』 風景印のことが分かりやすくまとめられています

同人誌『生き物好きのための風景印入門』 各地の特色あふれる風景印が。絶滅した生き物、というカテゴリーが絶妙

切手と組み合わせれば、可能性は無限大! オリジナルの「風景印帳」が完成!

 そこでご覧いただきたいのは『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』です。こちらは『生き物好きのための風景印入門』と同じ著者の方が作られた、風景印帳……、そう、風景印をスタンプして集めるためのノートです。くっ……この発想だけでわくわくします! しかもこのノート風のご本は、ステキなストーリーも一緒に楽しめてしまうんです。

 本の冒頭には短い物語が添えられています。舞台は“風景印博物館”なんですって。オープン間近ですが、実はまだ展示品に足りないところがあるみたい。館長に依頼され、風景印を求めて旅へと出発! と物語がはじまります。

 そしてページをめくると、まるで絵本のような美しさ。昆虫、海の生き物などとテーマ別にページが分けられ、それぞれ繊細なイラストがページを飾っています。よく見ると、紙がほのかに透けているのが分かるでしょうか。薄くて軽い紙なので、インクが透けて、擦りガラスの向こうをのぞくような美しさを感じます。あ、このイラストのところどころに枠が示してありますね。ははあ、ここに切手を貼って、風景印を押してもらうのですね。

 まずはどこの郵便局のどんな風景印にしようかな? という迷う楽しみが。そして風景印と調和する切手のコーディネートもしたい! こうやって、風景印を集めていくことで、風景印帳としても、物語としても完成するという心憎い作りです。

同人誌『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』 鮮やかな色が、不思議な雰囲気をかきたてます

同人誌『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』 どんな切手と風景印をコーディネートしようか、わくわくと迷う楽しさが!

御朱印帳みたい? 各地を巡りたくなる楽しさがある

 『ムッシュ・パクボーと助手マリアンヌの風景印博物館』は装丁も美しくて、灰色の表紙にニス盛りをしたような艶(つや)やかな淡い緑のインクが、やわらかくも繊細な雰囲気です。それをぱっとひらくと、本編は鮮やかなインクに彩られています。そしてここに、鳶色のスタンプが押されると思うと、ますます画面は華やかになりそうです。こんなにステキなデザイン、装丁だと、自分がうかつに手を加えてこの雰囲気を壊しちゃいそう……と心配になりかけましたが。でも、自分は切手を選んで、風景印を押してもらうだけ! なんですよね。自分の絵や字の上手下手は全く関係ありません。完成されたデザインの組合せを楽しむだけ。それなのにステキな風景印帳が完成していくなんて、うれしいです。

 目的地を調べ訪ねて、朱のしるしをもらうのは、神社巡りの御朱印帳のようですね。夏休みが終わっても「今度はどこに行こうかな?」と巡る楽しさがありそうです。


サークル情報

サークル名:エハガキ華

次のイベント参加予定:Otegamiフリマ2017 AUTUMNコレクション 切手の博物館(東京都目白 8月26日)

エハガキ華とモリヒサケイコの郵便アソビ展 North Lake Cafe & Books(千葉県我孫子市 9月6日〜10月9日)

Twitter:@ehagaki_hana


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 誰かにお手紙を出したり、思い出のメッセージを振り返ったり、なんだかしっとりとそんな雰囲気に浸りたい晩夏ですね

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 郵便局 | 入門 | 切手 | デザイン | ご当地 | 日本郵便


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう