ニュース
» 2017年08月20日 15時30分 UPDATE

チェルノブイリをVRで探訪できる「Chernobyl VR Project」のPS VR版が登場 近日発売予定

悲劇によって廃墟となった都市を訪れる体験プロジェクト。

[宮原れい,ねとらぼ]

 史上最大レベルの原子力発電所事故によってゴーストタウンとなっている都市「チェルノブイリ」をVRで探訪できる「Chernobyl VR Project」が、PlayStation VR向けに登場することが欧州PlayStation公式ブログで発表されました


チェルノブイリ PS VR Chernobyl VR Project 有名な巨大レーダーから周辺のアパートまでをVRで体験

 1986年4月26日にソ連(現・ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で起きた事故により、多くの周辺住民が避難せざるを得なくなり、プリピャチ市など周辺は現在も放棄されています。

 「Chernobyl VR Project」は、そんなチェルノブイリ周辺をVRで訪れることができ、また事故の前後に住んでいた人々の物語を通じて悲劇を学べる体験型ゲーム。2016年9月ごろにはSteam(早期アクセス版)とOculusストアで発売されていましたが、今回PS VR版も出ることが明らかになりました。


チェルノブイリ PS VR Chernobyl VR Project 珍しい場所も行けるとのこと

 開発時に現地で行われた撮影では、巨大なソ連のレーダーシステムから周囲の植物、さらにアミューズメントパークやあまり知られていない小学校に病院、アパートなども参考のために訪れたとのこと。また探索はガイガーカウンターで放射線量を測定しながらというリスクのある中行われ、カメラマンの1人は深さ2メートルの穴に落ちたこともあったそうです。

 発売日については明らかになっていませんが、近く発売されることが報告されています。


チェルノブイリ PS VR Chernobyl VR Project 開発は「The Farm 51 Group SA」。写真は撮影クルー

画像:PlayStation.Blog.Europeより

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう