ニュース
» 2017年08月21日 14時11分 UPDATE

「おんな城主 直虎」第三十三話で“政次ロス”にかかる人が続出 「引きずってるわ」「軽く寝込んでた」

大河史上最高のラブシーンでした。

[幻夜軌跡,ねとらぼ]

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第三十三話「嫌われ政次の一生」が8月20日に放送され、ネットでは高橋一生さん演じる小野政次の退場を悲しむ声が多数つぶやかれています。放送終了後には、Yahoo!リアルタイム検索で「政次」に関係するワードが上位を独占。ファンの間では早くも“政次ロス”が起きています。

高橋一生 政次 「政次」「小野政次」「但馬」などのワードが上位を席巻(Yahoo!リアルタイム検索から)

 同ドラマは戦国時代を舞台に、柴咲コウさん演じる城主・井伊直虎の生涯を描いた物語。直虎の幼なじみで家老の政次は愛する直虎を守るため、井伊が仕える今川に通じる裏切り者を長きに渡って演じてきました。

 第三十三話では、今川がいよいよ滅ぶという状況。ひそかに攻め込んで来た徳川家康への服従を約束していた直虎と政次でしたが、ワナにはまり、家康からはだましたと思われてしまいます。一人で全ての罪をかぶることを決意した政次。処刑に立ち会った直虎は、磔にされた政次の左胸を槍(やり)で貫くことで、最期まで「裏切った家老」を演じようとする政次に協力しました。

高橋一生 政次 撮影の合間の直虎と政次の様子。これが2人の本当の関係性なんです(画像は大河ドラマ 「おんな城主 直虎」Instagramから)

 放送から一夜明けましたが、Twitterでは「はあ、政次ロスが止まらん…引きずってるわ…」「政次ショックで軽く寝込んでた。今週乗り切るのがしんどい」「政次の事ばかり考えて仕事してた」と、政次の最期を引きずっている人が多数。


 直虎が政次を刺したシーンに対しては、「自らの槍の一突きであちらへ送ったのは最大限の慈悲であり手向け」「政次を、直虎は一人で行かせなかったんだよ」「『地獄に行け』とは、『そこで待っておれ』ということだろうな」と、直虎の心情をおもんぱかる声も見られました。


 さらに、「最後の2人のやりとりは、全て逆さまなんだよ」「これは政次と直虎の睦み合いだ」と、最期の2人の罵り合いには、裏返しの意味が込められており、「究極のラブシーンだ」と受け取る人も。

 政次ロスによるつらい日々が始まる人も少なくなさそうですが、10月21日から放送されるNHK連続テレビ小説「わろてんか」では、高橋さんの出演が決定。こちらでは、葵わかなさん演じる主人公の藤岡てんに好意を寄せながらも、てんは松坂桃李さん演じる北村藤吉のことが好きだと知り、背中を押してやる度量の広い男、青年実業家の伊能栞を演じます。また心を奪われる人が続出しそう。

高橋一生 政次 ステッキも似合う(画像は連続テレビ小説「わろてんか」公式サイトから)

幻夜軌跡


関連キーワード

大河ドラマ | 高橋一生 | テレビ | Twitter | NHK | 柴咲コウ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう