ニュース
» 2017年08月21日 17時30分 UPDATE

フェンスに飛び込みながらホームランをキャッチ! 米国の中学生が国際大会で見せたスーパープレイをMLBも絶賛

余裕でプロ入りできそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国で開催されている13〜15歳による野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」。あわやホームランという打球をキャッチするプロ顔負けのプレイが飛び出し、海外で話題になっています。

 スーパープレイが現れたのは、20日(現地時間)に行われた台湾対ペンシルバニア戦。台湾の選手が金属バットの快音を鳴らすと、ピッチャーはボールの行方も確認せず、力なく帽子をかぶり直すしぐさを見せました。打たれた瞬間に、ホームラン性の当たりであることを悟ってしまったもよう。案の定、打球はグングン伸びていき、外野スタンドへ飛んでいきます。

 しかし、Jack Regenye外野手はフェンス際まで走ると、なんとそれをジャンピングキャッチ! 体ごとフェンスの内側に落下してしまいますが、すぐに立ち上がってグローブにボールが収まっていることを審判にアピールしています。海外メディア「ESPN」によれば、この後、捕球が成立しているかどうかで審議が行われ、バッターはアウトになったとのこと。


野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」でスーパープレイ 台湾選手のホームラン性の当たりを


野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」でスーパープレイ ジャンピングキャッチ!


野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」でスーパープレイ フェンスに飛び込んでしまいますが……


野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」でスーパープレイ ボールはグローブにすっぽり。ホームラン寸前でアウトにすることに成功しました

 試合自体は台湾チームの勝利に終わりましたが、プロ公式戦でもなかなか見られないJack Regenye選手の好守に賞賛の声が続出。メジャーリーグ公式Twitterアカウントも「Amazing. Incredible. Unreal.」と「信じられない」「驚くべき」といった意味を持つ単語を3連発しています。


野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」でスーパープレイ Jack Regenye選手のバッティング成績。実は、打率も5割超という打ってよし、守ってよしの野手(Webサイトより)

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう