ニュース
» 2017年08月23日 14時21分 UPDATE

大阪・吹田市、停電8時間以上続く 市が暑さへの注意呼びかけ、体育館を「熱中症シェルター」として開放

熱中症にご注意ください。

[ねとらぼ]

 23日6時ごろから大阪府吹田市を中心に大規模な停電が発生しており、現在も復旧作業が続いています。吹田市は熱中症への注意を呼びかけるとともに、市内の体育館を熱中症シェルターとして開放しています。

注意を呼びかける吹田市(吹田市公式サイトより)

 関西電力によると、停電は6時ごろに吹田市や大阪市東淀川区、摂津市を合わせて3万4000戸余りで発生。14時現在、吹田市、京都府の相楽郡、精華町合わせて約2680軒が停電中で、復旧作業が続いている状況です。

 吹田市では市役所本庁舎の電力は復旧しましたが、一部業務を停止中。高層住宅など貯水槽給水建物や直結増圧給水建物の一部の階では断水が生じていると報告しています。気温が上がっているため熱中症への注意を促しており、停電が復旧するまでの開館時間中、片山市民体育館・目俵市民体育館・南吹田市民体育館の会議室を開放するなど対応しています。

関西電力では情報を更新中(関西電力公式サイトより)

 関西電力の公式サイトでは、復旧に関する情報を随時更新中です。

関連キーワード

電力 | 熱中症 | 停電 | 関西電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう