ニュース
» 2017年08月23日 22時51分 UPDATE

「また3年後」 熊田曜子、ショートボブ姿で念願のヘアドネーション

ダレノガレ明美さんも髪を寄付していました。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 タレントの熊田曜子さんが8月23日、自身の髪を寄付する「ヘアドネーション」に参加した写真をInstagramで公開し、ヘアドネーションの認知と参加を呼びかけています。

ヘアドネーション 熊田曜子 爽やかショートヘア(画像は熊田曜子Instagramから)

 バッサリとカットした40センチほどの髪を手に、ショートボブにヘアチェンした姿を披露した熊田さん。自身のブログでは「このために髪を伸ばして来た」「私の髪が生まれ変わって役に立つなんて幸せです」と、ヘアドネーションを行った晴れやかな気持ちをつづり、「また3年後 次のヘアードネーションに向けて髪を伸ばします」と宣言。その姿にファンからは、「曜子さんの髪が誰かの役に立つんですね〜! 素敵」「社会貢献、すばらしい」「ボブも凄く似合ってます」などの声が寄せられました。

 ヘアドネーションとは、病気などで髪を失い、ウイッグを必要としている子どもたちに、医療用ウィッグの原料となる毛髪を寄付という形で間接的に提供するもの。医療用ウィッグは子ども用を1つ作るのにも20人から30人分の髪が必要で、寄付する髪の毛も31センチ以上の長さが基本的には求められるため、需要と供給のバランスが取れていません。

ダレノガレ明美 ヘアドネーション ダレノガレ明美もヘアドネーション(画像はダレノガレ明美Instagramから)


 自身も子どものころに病気で髪が抜け医療用ウィッグをつけていたというファッションモデルのダレノガレ明美さんも、8月に髪を大胆にカットしヘアドネーションしています。医療用ウィッグについて、「すごく高く、両親が24回払いで買っていたのを見てました」と当時を振り返りながら、髪の寄付を広く呼びかけていました。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう