ニュース
» 2017年08月24日 17時00分 UPDATE

「スプラトゥーン2」が国内累計販売数100万本突破 プレイヤー人口は「10代>5〜9歳>20代」

プレイヤーの4割が10代で、男女比がおよそ7:3といったデータも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Nintendo Switch用ソフト「スプラトゥーン2」の国内累計販売数が、101万3842本に達したことがファミ通調べで判明しました。


スプラトゥーン2

 集計期間は発売日の7月21日から8月20日までの5週間で、ダウンロードカードや本体同梱版を含む数字(ダウンロード版の本数は含みません)。8月20日時点でNintendo Switchの国内推定累計販売数は147万9770台(ファミ通調べ)なので、本体購入者の6割以上が遊んでいる計算になります。

 ファミ通は大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」を用い、同作とNintendo Switchに関する調査も実施。いずれも購入者は10代が最も高く、男女比率はおよそ7:3といったデータが示されています。


スプラトゥーン2調査 スプラトゥーン2プレイヤーの40.3%が10代。次いで5〜9歳が22.7%、20代が17.6%と、若年層への人気が分かる

Nintendo Switch調査 本体購入者の分布も、およそスプラトゥーン2と同様


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう