ニュース
» 2017年08月24日 22時05分 UPDATE

NASAの日食映像が「ホットパンツと黒ニーソの合間から見えるふともも」に見えると話題に

コラ画像も流行。

[ねとらぼ]

 8月22日に米大陸で観測された皆既日食について、NASAの公開した日食の映像が「ホットパンツと黒ニーソの間からふとももがチラ見えする画像に見える」と話題になっています。

 字面で見ると意味が分かりませんが、画像を見て肌色がかった太陽がチラ見えするふともも部分で、太陽が欠けて黒くなっている部分が黒ニーソ部分とイメージすれば、なんとなく全体のイメージが明瞭になってきます。むしろ、一度ふとももに見えてしまうと、完全にローアングル撮影されたふとももにしか見えなくなるので注意。


ニーソ ニーハイ 黒 日食 皆既日食 どう見てもふともも(NASA Sun Scienceより

 Twitterをきっかに広まった“日食ニーソ”、その拡散元となったツイートは現在4万RTを突破。ニーソ感を高めるために両足を配置したり、よりニーソをイメージしやすくするために線を描き足したり、縞パンを履かせてみたりと、いろいろなコラ画像も流行しています。おまえらニーソ大好きだな!

 Twitterでは、「もうそれにしか見えない」「日食に見えなくなった」という意見が多数。中には「ジャンボ鶴田思い出した」「西川貴教の下半身に見える」など、特定の人の足に見えるという人もいたようです。


ニーソ ニーハイ 黒 日食 皆既日食 ここまで行くとちゃんと日食に見える(NASA Sun Scienceより

関連キーワード

日食・月食 | NASA | 科学 | Twitter | コラ画像 | 撮影


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう