ニュース
» 2017年08月25日 11時30分 UPDATE

渓谷で撮影されたエビフライの写真が美しすぎると話題に 「ステキなポートレート」「これが野生のエビフライか」

こんな生き生きした食品サンプル、初めて見た。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 青々としたコケや川の白波、優しい木もれ日が涼しさを演出する夏の渓谷。そこで、エビフライを撮影したというツイートが「エビフライの表情がうまく引き出されている」「森の妖精に見える」と人々を魅了しています。


大自然でエビフライ写真 ……あれ、美しい


大自然でエビフライ写真 ドラマチックなエビフライ

 自然の美しい渓谷に、エビフライの食品サンプルを持っていき、さまざまな角度からパシャリ。かなりシュールな組み合わせですが、おいしそうな衣とコケの色合いがマッチしており、不思議とエビフライが生き生きして見えます。小さな植物に寄り添うようにエビフライを配置したり、木漏れ日をスポットライトのように当てたりした写真からは、ドラマ性すら感じられるのでは?

 この写真に、Twitter上では「凛とした佇まいや物思いにふける姿など、被写体さんの表情をうまく引き出されていますね」「衣とコケのテクスチャーのマリアージュ」と絶賛の声が。また、「これが自然が豊かな場所にしかいないと言われる、野生のエビフライ」といったツイートも見られ、食品サンプルに命の息吹を感じてしまう人が続出しているようです。


大自然でエビフライ写真大自然でエビフライ写真 左:小さな植物に寄り添うエビフライ、右:おちゃめなポーズのエビフライ

 ちなみに、エビフライの食品サンプルをモデルに撮影した理由を投稿者に伺ったところ、被写体としての分かりやすさに加え、「単純に好物」であることを挙げていました。エビフライ愛が生み出したポートレートだったのかもしれません。

画像提供:あんさんぶる!さん(@_ensemble_2014_

マッハ・キショ松

関連キーワード

写真 | 食品サンプル | Twitter | 妖精・精霊


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう