ニュース
» 2017年08月25日 15時33分 UPDATE

Netflix「デスノート」プレミアに謎リューク登場 ヒロイン「デスノートに彼の名前を書きます」と死刑宣告

これがハリウッド版リュークか(違う)。

[田下愛,ねとらぼ]

 8月25日からNetflixで全世界で配信が始まったオリジナル映画「Death Note/デスノート」。大場つぐみさん原作、小畑健さん作画の人気漫画をハリウッドで実写化した作品として注目を集めていますが、そのジャパンプレミアが8月24日に都内で開催され、アダム・ウィンガード監督をはじめ主要キャストらが日本のファンと作品の配信を喜びました。

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア 「Death Note/デスノート」ジャパンプレミア

 同作で主役のライト・ターナーを演じるナット・ウルフは、「引き受ける前に、作品を理解しないとと思いアニメとマンガを見てみたら、ファンになってしまった」と作品愛を報告。L役のラキース・スタンフィールドも“L座り”で「原作へのオマージュ(敬意)をきちんと払いたい思いがあった。Lは大好きなキャラクターだし、ライトとのライバル関係を大切に演じた」と話し、「『デスノート』という作品を生んでくれて、僕らのバージョンを作らせてくれて、日本という国に大変感謝している」と丁寧な礼を述べました。

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア ナット・ウルフとヒロインのミアを演じたマーガレット・クアリー。「(ミアを)演じることにワクワクした。とても力強く野心的で、正しくないことをしていても自分の信念を曲げない女性」(クアリー)

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア L座りで話すラキース・スタンフィールド

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア レスリングでも始まりそうなLとライト

 その後、壇上には「デスノート」の大ファンだというアイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」も登場。メンバーの林愛夏さんから「もし、デスノートを手に入れたら?」という質問を投げかけられたウィンガード監督は、「私は弱虫なので、使わないと思います」と回答。同作のプロデューサーであるマシ・オカは、「お中元として誰かに渡そうと思います」と答え、スタンフィールドから「絶対ウソだ」などとツッコまれていました。

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア ベイビーレイズJAPA ベイビーレイズJAPANの5人。Lが大好きだという渡邊璃生さん「ハリウッド映画として健康的なLを見ることができて、とても喜ばしく思います」

 和やかに進んだイベントの終盤、フォトセッションに移ろうとしたとき、「大切な奴を忘れているぜ……」の声とともに、壇上にはリュークに扮(ふん)した“お笑い界の死神”ことアンガールズ田中卓志さんが乱入し、黄色くない悲鳴が上がりました。

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア ビジュアル系バンドの人かな?

 そんな田中リュークは、「クオリティ見てくださいよ。すごいでしょ、次回作があったら出してほしい。ハリウッドデビューしたいんだから!」などとウィンガード監督に猛アピールするも、監督からは「タイツがセクシー」と褒められただけ。「(ピースの)綾部より先にデビューしようと思ったのに」と残念がりました。

Death Note デスノート Netflix ジャパンプレミア 田中リュークに、キャストらも若干引いてる……?

 「もし、死神・田中がまとわりついてきたら?」と聞かれたクアリーは「デスノートに彼の名前を書きます」と即答し、会場は爆笑。田中さんは「あまり、苦しくないやつにしてね。“盆栽を見てたら死ぬ”にしてほしい」など、注文をつけていました。

「Death Note//デスノート」ジャパンプレミア イベントのラストで盛り上がる面々。やっぱり、後ろの田中さん怖すぎ……


田下愛


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう